カテゴリ
全体
ぶらだより
投資日記
社会経済
今日の先物予測
家庭菜園
読書
生活
健康
以前の記事
2017年 03月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
お気に入りブログ


周回遅れの勝ち?

アメリカの金融危機は予想以上に深刻のようだ。9月に入って次々と出てきて今週は異常ともいえる状態になった。救済しないといっていたAIGを救済し株の空売りを禁止さらに投資銀行で残った2行も普通銀行へ転換、通常は週末に行う銀行の破綻を週中で行うなど異例のことが続きさらに大量の資金供給法案をめぐって揺れている。海の向こうのことなので深刻さが感じられないがグリーンスパンの言うように100年に一度の事態が起きているみたいだ。
 この原因はアメリカンドリーム、フロンティア開拓精神にある。最後のフロンティアが金融だった。優秀な人材を投入した金融工学を駆使して新商品を作り出しどんどんと資産を増やしてきた。それを担ったのが投資銀行だったが今回の危機でその手法の欠陥があぶりだされ、皮肉にもそのような商品を出せない日本の銀行が結局助けることとなった。
 今大統領選挙を前に急いでいる公的資金の投入がどうなるのか世界が固唾を呑んで見守っている。しかしこの法案が通っても真の解決にはならないというのがコンセンサスのようだ。ということはしばらくは混乱が続き景気はどんどんと悪くなるということ。出来れば少しずつ動いていって欲しい、最悪の事態は暗黒の木曜の再現、大恐慌である。処理に失敗すればドル、株、アメリカ債権のトリプル安即ち大暴落を引き起こす。その種は今回投入する膨大な資金が引き起こす。ところでそのお金は誰が出すのだろう?相当量が日本に廻ってきそうな感じもする。ドルが暴落すれば日本の持っているドルも被害を被る、だから一蓮托生なのだと脅されて出さされる破目になるのではないかと心配している。多分あと3ヶ月が勝負だろう、今年一杯持ちこたえれば何とかなると思っている。そうでなければ周回遅れで買ったつもりが二人三脚になって共倒れになってしまう。
[PR]
by kakabura | 2008-09-27 15:25 | 投資日記
<< 今日の結果 今週の結果 >>




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧