カテゴリ
全体
ぶらだより
投資日記
社会経済
今日の先物予測
家庭菜園
読書
生活
健康
以前の記事
2017年 03月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
お気に入りブログ


カテゴリ:健康( 12 )

運動不足

昨日藤の伸びた枝の剪定をした。藤の枝も今頃になると意外に固くなっていて剪定ばさみで何回もきったら指の川が4めくれるやらイラガにやられるやらで大変だった。
取った蔓ををゴミ袋に入れるのが又大変はねる枝をむりやり袋に押し込む左足で袋の中の枝を得さえ込みながら次のを入れる。2袋そていやになった、少し残しておしまい。

たったこれだけの作業なのに体のあちこちの筋肉が悲鳴をあげている。考えてみれば体操のようなものはしているが力を出し切るようなことは何一つしない毎日を送っている。これはまずいなあ。そういえば「ためして合点」のエクササイズも激しい運動に感じる、やはり体力が下がっている。

3月に鬱から戻ったときは体が動くようになったのがうれしかったのだが、いつも間にかそれを忘れてしまった。
頭の中ではもっと動かなくてはと思っても気が乗らないので一日伸ばし

散歩とエクササイズで体全体を動かすことから始めよう
[PR]
by kakabura | 2011-09-11 07:38 | 健康

不眠再発

またまた不眠症に陥った。今年の4月頃と同じ、決まって朝の3時ごろに目が開いてしまう。それまでは又眠れたのが何故かはっきりと目覚めてしまう。しかし睡眠時間は足りないので午前中はボーっとしていて適当な仮眠をしないといけない。
原因は株だろう。異常な高騰で高所恐怖症にある、必ず下げるがいつ下げるかわからない。そんな中でポジションを取っていることが潜在的な不安を感じさせているのだろう。体調それも頭の調子が悪い中でのトレードは最悪で判断ミスを呼び込み避けなければならない。ロスカットを入れてあるので下げてもそれほど心配することはないのだがそれは頭の理屈で本能は恐怖を感じているのだろう。
4月のときはいつまでかかっただろうか。しかしそこまでやるのは愚かなことで体調を整えるのが先決だろう。株価がどこまで上がろうとも一旦整理して楽にする。マーケットはいつでもあるのだから。それにしてもガラスの神経には困ったもの。
[PR]
by kakabura | 2005-11-21 03:50 | 健康

低血圧?

以前から血圧が高めだったが医者から少し高いので薬を使うことを勧められた。血圧は測定方法や測定時期さらに測定者でも変わるようだ。その医者はいつも高いがもう一人の医者は普通、測定器を使ってもそれほど高くは無かった。
しかし医療に関しては専門家の意見により薬を飲みだした。先週その医者に測ってもらったところ「下がりましたね」と安堵の様子。
今日娘が指がしびれるというので病院へ行く。備え付けの測定器で血圧を測ったら何と上が87、下は64これでは低血圧ではないか。どうも最近やる気がおこらずなまけもの状態だったのはこれが原因のようだ。ダカラを飲んで塩分補給をして測りなおしたら105-64まで上がった。
前からあの医者は血圧の測り方が下手なんではないかと思っていたが案の定だ。薬の処方は大丈夫なんだろうなあ
明日からその薬は止めて見よう
[PR]
by kakabura | 2005-08-12 17:46 | 健康

転んだ

昨日の朝畑に水を運んだ。リュックに16Lの水を入れて、川の堤防から坂道を降りる所で足を踏み外し転んでしまった。後ろにいたオバハンにしっかりと見られてしまった。単に打っただけなので水やりの後散歩をした。途中で雲行きが怪しくなり雨、途中走って帰った。午後になって痛みがひどくなってきて階段を上がるのもやっと。外は大雨、一体何やってんだろう。
今日は少し良くなってきたがどうも気分は良くない。
”株をやる気になれないみたいーーー”
[PR]
by kakabura | 2005-08-01 12:48 | 健康

夢の話

転勤の決まった時期に会社の幹部が一同に集まる飲み会がある。2日後どう言うわけかその席では各工場の代表が謡いのような口上を述べる事になっていて事もあろうに私がそれになっているという。原稿みたいなのを見た、冗談じゃあない、こんな馬鹿馬鹿しい物を言えるものか。突然その席に変わる。隣には社長がいつものように磊落に話している。一人沈んでいる私がいた、M所長が「あいつ最近落ち込んでいるみたいだからこれで元気づけよう」ということらしいがこちらは欝状態、どうしようか、普通に話して反乱を起こすかそれともこんな会社辞めようか。周りには多くの人がいた。
目が開いた。重苦しい気分が残っている、そう会社は何年も前に辞めたのだ。会社にいた頃は学生時代の夢を良く見た。試験が出来ない。最近開放されたとたん会社の夢に変わったのだろうか、我ながら厄介な性分だ。
NYのマーケットを見る、上げている。これでしばらくは上昇トレンドだろう、ここでポジションを整理して一休みしよう。やっと普通に戻った。
これからもう夢に出てこない事を祈る。
[PR]
by kakabura | 2005-07-12 04:09 | 健康

老いは早い

今日は叔母さんと娘の誕生日なので叔母さん宅を1年振りに訪ねた。叔父さんの調子が良くないみたいだ。この前は若々しかったのが今日は急に老け込んでしまったみたいだった。話では殆ど歩くような運動もせず昼寝と不眠の繰り返しで悪循環に陥ってるようだった。
思うに完全に仕事から離れてする事が無くなり生きることを忘れてしまったのではないだろうか。少し歩いただけで息切れしている様子を見ると老いることの難しさを感じる。
しかし今日は体調が悪かっただけ、明日からは又動く気力を取り戻していることをひたすら願う。
[PR]
by kakabura | 2005-05-25 22:01 | 健康

眠る

阿川佐和子のエッセーで「寝床いらず」というのがある。趣味は寝る事と気づいてベッドを買うことを思いつく。友人に相談する、友人は即座に”あんたには要らない”!!二人で旅した折、阿川嬢はワープロを枕に、ソファーに横たわり、あるいは床の上に寝ていてベッドで眠る事なぞ無かったそうである。確かにそれなら改めてベッドを買う必要はあるまい。
さて昨晩は確かにベッドで寝た。その後隣の部屋に移って椅子で眠り、腰が疲れたので隣のハンモックへ移った。その後なんとなく下へ降りてソファーに横になっていた。
何やら上の方から連れ合いの恐ろしい声が聞こえる。”鳴ってるよー”ホットカーペットのアラームが鳴っていたようだ、全然気がつかなかった。
こうしてみると何やら私も寝床いらずの同類のようだ。睡眠剤は本当に必要なのだろうか?
[PR]
by kakabura | 2005-03-06 15:46 | 健康

鬼の霍乱

久しぶりに風邪を引いた。この前はいつだったのかとんと記憶に無い。一人暮らしが続いたので気が張っていたのだろう。ここに来て完全に緩んでしまったのかもしれない。それにしても何故風邪をひいたのかわからない。家の中は暑い位でシャツだけでも寒くなかったしそのまま外へ出てもちっとも寒くなかった。そもそもそれがおかしいのかもしれない。
足先が寒くなりやがて風邪と気づく。あわてて着る物を増やす。そのうち熱が出てきた、なんか違う・・・そうだ風邪の時は股引に靴下諸々を着込んで汗をかかなければ。あまりにご無沙汰していたので忘れていた。
病気なので何もしない。ただ寝ている、奥さんも怒らない、なんでもやってくれる。子供の送り迎えも買い物もご飯もみんなやってくれる。好きな時に横になって寝ている、なんて気分が良いんだろう。このままずーっと風邪を引いていてもかまわない。そう元々グウタラ人間だったんだ。働き詰の奥さんは突然体重が減ったと驚いている。それはとってもいい事なんだが後二日も続けると怒られそうからそろそろ起きるとするか。
[PR]
by kakabura | 2005-03-01 20:15 | 健康

不眠症その2

ドクトル ”その後どうですか”
患者  ”あいも変わらずですが、薬飲んでも夜間に目が覚めるのは変わりないので止めて見たいのですが・・・・”
ドクトル ”ウーン ○○さんの場合は難しいですねえ”
患者 ”しかし効果の無い薬を飲んでいても・・・”
ドクトル ”そうですねえ、じゃあ一つを止めましょう”
バナナの叩き売りじゃあないけれどお互いが歩みよって落着。
その後、変わらない・・どころか昨夜は随分と眠った。一度目が開いたが又眠り七時過ぎまで眠ってしまった。医者って何だろう?
 以前交通事故で骨折して入院した事がある。毎週整形外科部長の回診がある。患者の治療箇所を曲げて見たり叩いて見たり、患者は悲鳴を上げると次へ行く。一計を案じた、痛みを感じる前に悲鳴をあげる。大成功、後ろでなじみの看護婦さんが笑いをこらえている。
こんなこともあった。”先生どうも痛いのですが” ”分かりました検査して見ましょう”そして”大丈夫です、骨に異常はありません”これ以後整形外科の医者に対する不信感は消えない。彼らは患者の痛みを知らないのだろう、そして自分が患者になってみて初めて本当の医療とは何かを知る事になるだろう。
 しかし私は良い患者である。専門家たるお医者様の言う事を疑うような事は無い。父のように自分で診断を下し悩み愚痴をこぼすような事は無い。父は医者を信用していない、金をむしりとる詐欺師だと想っている。私は専門家の知識を尊重する、しかし人間としての疑問を抱いているだけだ。父は長い間苦悶したあげく医者を訪ねて処方された薬を欠かさずに服用している。次回は・・・・又同じ事をやってるだろう。
[PR]
by kakabura | 2005-01-30 12:20 | 健康

不思議

睡眠剤を飲んでも目が覚める。
某月某日
就寝11時30分     2時:目が覚めオシッコ。ついでにアメリカの市場のチェック”今日はまあまあか” それからベッドへ 3時半:目が覚める。もう一度アメリカのチェック”下がりだした”為替の動きも見てベッドへ 5時:目が覚める。もう駄目だなと観念、椅子に座りヘッドフョンでラジオを聞き新聞を読み始める

ある日考えた。こんなに目が覚めるということは薬は役に立ってないのではないか。ちょうどその日は診察日なので睡眠剤の停止を医師に相談しようと思った。ところがそんな日に限って医師が留守。仕方がないので同じ薬を貰ってきた。そしてその夜は薬を止めてみた。
就寝   11時半
目覚め  1時半 何時もより早いがとにかく眠ろう
目覚め  3時起きているようでもあり半分夢をみている。あとは1時間毎
やはり薬は効いていた一晩訳のわからない夢と戦い起きた時には疲れた頭になってその日1日ボーっとしていた。

昨夜地元の自警団に入って始めての新年会。普段自粛しているが付き合いで飲まないといけない。それでも義経が始まる前には帰ってきた。義経が終わり九時からは何もないので教育のNHKコンサートホールを聞く。林隆三がゲスト。これが終わりいよいよ見るものがないので何時もより早くベッドに行って本を広げる。・・・・・

下からつれあいの”でんきついてるわよーーー”の声で目覚める。1時前だった何時の間にか眠りに陥っていた。下ではテニスをやっていてシャラコワなので勝つた所で睡眠剤をのんで再度眠りへ。5時過ぎに目覚めた。スッキリしている、何故だろう、どうなっているのだろう。

普通アルコールは睡眠を助けるが鬱病には逆効果で覚睡後眠られなくなる。それもあって自粛している。ところが昨日は薬なしで熟睡してしまった。無理やり起こされて薬を飲んで寝たがその後目は覚めなかった。

今日は診察日 なんて言おうか
[PR]
by kakabura | 2005-01-24 05:45 | 健康




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧