カテゴリ
全体
ぶらだより
投資日記
社会経済
今日の先物予測
家庭菜園
読書
生活
健康
以前の記事
2017年 03月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
お気に入りブログ


<   2005年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ロスカットについて

一番難しいのがロスカット。逆指値注文で出来るかと思ったが1日の変動に引っかかって上昇途中で売ってしまうものが続き困っていた。ケンミレの高値ロスカットと同じ考え方を1日の変動幅を考慮しその銘柄に特有の移動平均が使えそうな事がわかってきた。これを使えば通常の変動内ではロスカットは発生しないので行くところまで持ち続け更にカット水準を上げて行く事で利益そのものも順次確保していく事が出来る。
上値抵抗が強くて抜けられずに売却の方針だった銘柄をこれで見直したらまだ売る必要が無い事がわかりホールドに変換、今日抵抗線を抜けて利益確定売りが出来た。
[PR]
by kakabura | 2005-05-31 21:08 | 投資日記

上昇開始か

今日も大きく上げてきた。強気に4銘柄を買い。空売りしていた銘柄は手仕舞い。結局殆ど利益にならなかった。上げ相場での売りは恐い。
予想通り大きく戻した銘柄と急騰した銘柄の売り値が難しい。今回はこれまでと違って直ぐに急落するような事はないような気がするのでもうしばらく様子を見よう。
[PR]
by kakabura | 2005-05-30 19:04 | 投資日記

今週の結果

今週も大荒れだったが週末になって大きく戻した。特に日経平均を中心とした銘柄の戻しが大きく新興市場は不安定。この影響を受けて日経平均が1.4%の上昇になったのに対して1.3%のマイナスと惨憺たるものになっている。
これから1月が上昇相場としてミスを無くさなくてはいけない。
来月は取引証券会社を2社にすること。銘柄数を少しずつ絞り込んでいく事で月末には5銘柄程度を目指そう。7月の中旬にはキャッシュポジションを増やして8月の底でスタートというのが当面の予想。
[PR]
by kakabura | 2005-05-28 10:33 | 投資日記

フーガ事件

フーガという形式の音楽がある。バッハの「トッカータとフーガニ短調」は誰でも聞いた事があるでしょう。古い所ではザ・ピーナッツの「恋のフーガ」追いかけーてドンドンってのもあった。この「追いかけーて」というのがフーガのフーガたる所。

 高校の吹奏楽部は出来てまもなくで福井県の中では下手の部類だった。そこで顧問の尾鳥先生は一計を案じた(のだろう)何と行っても合唱部では名門校にしたのだから。当時何処の高校も参加している大会は止めて別の大会へ参加した。福井県からは何処もでないので初めから福井県代表!!この時の課題曲がフーガだった。フーガだけで演奏される事はなく前半は別形式で後半にフーガ形式というのが一般的でこの曲もそうだった。

フーガ形式の音楽はややこしい。「追いかけーて」のようにあるパートが主題を演奏する。途中から別のパートが同じテーマをやり出し、次から次へ次へとどんどんと膨らんでいって最後に皆一斉にジャジャーンで終わる。作るほうの頭がどうなっているのかさっぱりわからないが、実は演奏するほうも大変なのだ。どこで入るかが問題になる、一度逃したらもう解らない。必至にあそこのやってるのがこうなったら吹き出す、後は終わるまで何も考えないひたすら続ける。

 コンクールが始まった、前の学校は富山商業、派手な演奏を繰り広げている。それを聞いた女子が“先輩大丈夫ですか?”と心配している“別にあれくらい問題ないよ”と心にもないような事を言った。さて本番、前半は無事こなしていよいよフーガに入る。最初はクラリネットからだったろうか、曲の途中からなんとなくおかしい事に気がついた。いつもより鳴っている音の数が少ない、どっかで道に迷ったのがいる!!不安そうに見つめてくる顔もある、こっちも何処かわからないんだ。あちこちで脱落者が続出私も・・・。しかし果敢に頑張ったパートがあったのだ。なんとか持ち堪えて一番最後の所でやっと皆入る事が出来た。なんとか終わった、が落胆。当然先生は怒った。帰るぞー、普通は発表、表彰式となるのにさっさと帰ってしまった。後日入賞の表彰状が郵送されてきた。北陸大会3位入賞!!
 しかし先生の読みに間違いなかった。あの悲惨な演奏は消えてしまったが北陸大会入賞の事実(?)は今になって歴史の1ページで輝いている。今の部員達にはとても話せない秘話なのだが。
この事件各自に心の痛みとして残った。あの時見交わした不安な顔・顔・・・。曲の題名?思い出したくもないし幸い忘れた。日産の車でフーガ?絶対に買わないし乗らない。恨みは一生続くのだ。
さてフーガ事件は今となっては笑い話だが戦略としては中々のものだった。近年聞いた事も無いような競技で日本人がTOPになったというニュースが出てくる。野球のように誰もがイチローや松井になりたいと思うような競技は競争が激しく余程の能力と努力が無ければ勝ちあがれない。それに対して誰も知らないような物はそもそも参加者が少ないのでTOPへの道のりが比較的簡単なのだ。そして人間の心理として小さな大会でも「勝った」という事実がさらに上を目指したいという意欲を引き出すことがプラスのスパイラルをもたらす。
これは個人でも企業でも同じ事で他人と同じ事をやるな、他人のやらないことをやれということなのだ。普通の人が普通の事をやっていては普通で終わる。普通ではない奇人変人になることの方がが意外に効率的なのかもしれない。
[PR]
by kakabura | 2005-05-27 23:40 | ぶらだより

強い展開か

新聞などのコメントを見ても先行き不透明との記事が多い。しかし流れが変わっているような気がする。昨日は日経平均が上げて今日も週末にも拘らず予想以上に上げた。そして大崩れしていた新興市場が持ち直してきた感じがする。JASでも大型の銘柄が今日は大きく反発している、指数的にはともかく力強さがある。この感覚を信じてBCLまで下がってきた銘柄を新たに買った。前回の暴落時に信用期日で待っていて下値で買った銘柄は少し上げて結局さがりロスカットとなった。
これまで大きく下げてきて急反発した銘柄の対処が難しい。相場が転換したのなら少なくとも元の水準には戻るだろう。しかし単なるリバウンドなら塩漬けになる。急騰が続くなら3日目で一旦売って様子を見るのが賢明かも。
本日の教訓
1.信用期日による下落は一時的なもの。最近のトレードから買い残の中身が入れ替わっているのですっきりと出尽くすような事はないのだろう。買うための銘柄探しではなく買ってはいけない銘柄除外に使用すべき
[PR]
by kakabura | 2005-05-27 17:49 | 投資日記

意外に下げず

ここの所上げてきたアメリカの市場が下がった。中国問題のぶり返しや信用買残の積み上がり不祥事の続発と悪材料が溢れている所へ最後のアメリカが下げた事で一旦全てのポジションを整理してしまおうと考えていた。ところが寄り付き前の感じでは意外に売られそうも無いので昨日までのスタンスに戻した。
新興市場の銘柄は下げ止まらずちょっと手が付けられないので当分塩つけとして割り切った。1部銘柄はしっかりしている。これまで3000が抜けない物があったのでポジション整理も含めて2995で指したら売れた。そこで3010を抜いた所で逆指値で入れたらとうとう3000の壁を抜いた。15円分と手数料だけ儲けそこなった事になるがリスク量ということで良しとしよう。
下げると諦めていたのが持った事から意外に強い展開が期待できそうだ。逆ショックだ、これまで売りを取っているといわれていた外国人投資家が買いに転じていた事も強気に変わった要因だろう。新興市場の下げで個人投資家は苦しいが6月から次ぎの四半期決算時期までは上げるだろう。
[PR]
by kakabura | 2005-05-26 17:23 | 投資日記

老いは早い

今日は叔母さんと娘の誕生日なので叔母さん宅を1年振りに訪ねた。叔父さんの調子が良くないみたいだ。この前は若々しかったのが今日は急に老け込んでしまったみたいだった。話では殆ど歩くような運動もせず昼寝と不眠の繰り返しで悪循環に陥ってるようだった。
思うに完全に仕事から離れてする事が無くなり生きることを忘れてしまったのではないだろうか。少し歩いただけで息切れしている様子を見ると老いることの難しさを感じる。
しかし今日は体調が悪かっただけ、明日からは又動く気力を取り戻していることをひたすら願う。
[PR]
by kakabura | 2005-05-25 22:01 | 健康

小泉暴落 5月受け渡し最終日

靖国神社問題での小泉発言で中国問題がまた頭を持ち上げたのだろうか、確たる理由無しに大きく下げた。新興市場の長く買い持ちしていた物が暴落、最近買った銘柄は殆ど影響を受けていない。ここからも持ち続けるリスクを再認識された。今日は5月の最終日という事と小泉問題が重なったのだろうか。
ファンダメンタルから売られすぎのような感じがあるがこれ以上増やす事は出来ないのでトレンドの方向を見極める事にしよう。通説では5月決算のヘッジファンドの売りが終わるので明日からは転換してくるはず。本来はここで買いに入らなければいけないのだろう。
[PR]
by kakabura | 2005-05-25 21:50 | ぶらだより

HCは危険が一杯

昨日大きく下げたもののリバウンド狙いとして幾つか候補を用意した。その中でHCの銘柄が順調に上げ出したので試し買いを入れた。そしてグングンと上がっていくので2%で注文を出そうとした所で大量の売り物が出て瞬間的にトレンドが一変してしまった。読み間違いという事で成行き売り。
本日の教訓
1.新興市場は動きが大きくリスクを押さえるのが難しい。かなり博打性が高いので避けたほうが賢明。安定した動きをする1部に絞ろう。
[PR]
by kakabura | 2005-05-24 17:45 | ぶらだより

デイトレード

決算発表が終わりに入り市場も落ち着いてきたようだ。決算時期の3ヶ月サイクルで動くのは今回もそうだったようだ。とするとこれからも続く事になり3ヶ月サイクルで買いと売りを繰り返せば良い。今の所ポジションが多すぎるので新たな買いは手控えとしてポジションを増やさないデイトレで繋ぐことにした。
2日続けて寄り付きから上昇して10時前に天井を打つのを予定したが今日は下げの日だった。そこで第2銘柄の上がりかけを成行き買いして結果的に1.8%の利益を得た。これは昨日比4%位上げた銘柄なのでまあまあか。もう少し早めに買えれば良かったが、感覚を養う為に欲は押さえよう。
シグナルはMACDで良さそうだ。
[PR]
by kakabura | 2005-05-23 18:26 | 投資日記