カテゴリ
全体
ぶらだより
投資日記
社会経済
今日の先物予測
家庭菜園
読書
生活
健康
以前の記事
2017年 03月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
お気に入りブログ


<   2005年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

おかしい

先週末世界の株が下げた。ハリケーンが来た、原油が上がった。今週は調整と読んでいたので大きく下げるまで買いは入れない。ところが昨日NYが上げて今日は日本も反発した。
どうもおかしい、アメリカは下落トレンド入りの瀬戸際、政権の基盤もおかしくなってきた。これで経済がこければ政権は大きなダメージを受けるだろう。ドイツも選挙、日本も選挙これらがおかしくなれば原油は下落とすると原油国が損害を被る。一番良いのはこのまま崩さずに再上昇に乗せる事。
その為にオイルマネーが噛んでいる(勿論ブッシュ政権は石油がらみ)のではないだろうか。なにやら世界的なPKOをやっているような気がする。
昨日危うく買いかけたが辞めた。今日は反発しているが当面は危うきに近寄らずであと2銘柄の売りだけに専念して次回の為の銘柄探しを続けよう。
[PR]
by kakabura | 2005-08-30 16:51 | 投資日記

ケンミレカレッジ

昨日はケンミレカレッジだった。先週日経などの上昇にたいして全く乗れてなくて考え方の見直しが必要かと思っていたが、聞いて見ると皆今の相場では利益が出ないようだ。つまり個人投資家の出る時期ではないということ。経験が長い人もいるのでそういった話が聞けることだけでも有意義。
若干の焦りだけで疲れた1週間だったので今週はお休みモードに入ってゆっくりしよう。
[PR]
by kakabura | 2005-08-28 22:03 | 投資日記

今週の結果

今週は続伸して日経平均は+1.2%となった。これに対して高値警戒から基本的に撤退する中で9449が購入後新株予約件付きの大型転換社債を発行して急落するというアクシデントにあうなどして-1%となった。損失の6割はこのため、しかしその他にもミスを重ねた。しかし年間目標には当初のペースまで戻したので次回の調整まで休む必要あり。
6492:目標額に達したのに売りを入れず逆指値も入れ忘れ売りが1日遅れた。潜在的な損失は2割相当。そのまま下落トレンドに入って小反発
9477:割安で買ったがさらに下がったので諦めたがその日が底値で翌日から上昇に転換した。ロスカットの判断ミス。25日線まで上昇後下落に転じた。恐らく売れなかっただろう。買いのミス。W底をつけつつある
9449:購入後転換社債発行で翌日急落トレンドが下落だったので売却した。結果的にはその日が底値となった。その後横ばいを続けている。増資の場合には反発は弱い
6519:GCで買ったが三角持合から抜け出せず安値平均ロスカット。その後下落を続け売りとしては正解
8273:逆日歩銘柄低めの売り設定で売り、少し早かった。
9479:下値抵抗線で買ったが止まらず売り。その後下落継続
9427:安値平均線売り、その後も下落。一旦下落した後急騰
5002:安値平均線売り、売り長で安心していたが思いのほか上がらず。ミニ三角持合だが下値を切上げていたそして急騰した。日足のチェックは大事
6328:動きが無いので売却、上昇後の持合なので上がる可能性もあったのだが。持合継続
7969:急騰2日目で買ったが続かず売却。チャートからはトレンドの抵抗線が効いている
今週を振り返るとなんだかバタバタしていたようだ。ゆっくりと売買する元のスタンスに戻らなくては
[PR]
by kakabura | 2005-08-27 10:07 | 投資日記

1周年記念号

何時の間にか蝉の鳴き声がこおろぎに変わりトンボが飛び交うようになった。夏は終わったようだ、今年は雨が多くあまり暑さを感じなかった。そのせいだろうか庭の木々にアメリカシロヒトリが大量発生した、いや襲われたというのが実感だ。葉が薄くなったなと思うまもなく毛虫が大量に、数日前からはゴム手袋で直接つぶしている。朝1時間夕方1時間それでも次々と葉を食い荒らす。もう少しすると紅葉が楽しめるのにその葉を食べるのだからこちらも必死である。戦争なのだ、毛虫を殺したら可哀想なんて言ってられないこれは自衛のための正当防衛だ。元々は隣の柿ノ木だったがそこからこちらに移ってきた。その柿ノ木に発生したときに退治すべきだった、これが集団的自衛権の行使というやつでやっとこれらの持つ意味を理解するここが出来た。
 1年前に思いついて「ぶらだより」を書き始めた。いつまで続くかわからなかったが1年、きっと迷惑に思っておられる人もいるに違いない。会社を辞めて色んなことがわかった。無くして始めて大切な事がわかる、お金、仕事、生きるということ、人との繋がり。大半の方があと数年で退職されると思うが仕事がないということがどういうことなのか今のうちに少しでも伝えればと思った。
 最大の問題は生活にリズムが無くなる事だ。仕事ならば嫌でも規則的な生活リズムがある、1日、1週間、1月、1年とその殆どが決まっている。これを拘束と感じて嫌だったがそれが無くなるとどうも具合が悪い。長い間会社生活を続けていると自分で時間の管理をする能力が退化してしまう。生活が怠けると精神も退化してくる。人は何もしないではいられないもののようだ。
 ぶらだよりを書く事が私の1週間のリズム、毎日のリズムはまだ出来ていない。来年にはなんとかしたいと思っている。長いとお叱りを受けているが文章力の無さ故なのでお許しを、時折お寄せいただくコメントが生きる力を与えてくれます。
 では2年目も宜しくお願いします。
[PR]
by kakabura | 2005-08-26 20:23 | ぶらだより

アメリカシロヒトリ大発生

しばらく前から庭木の葉が枯れてきた。良く見るとなにやら毛虫がうごめいている。例年青虫達は良く見かけたがこんなのは初めて。枝を叩くと簡単に落ちる、しかしその後の動きは素早い。葉が無くなるのは淋しいので一つ一つ退治していったがこの虫は色んな葉を食い荒らす。普通木によって決まっているのだがこいつは殆どの葉を食べる。繁殖力は極めて旺盛。
家内が調べたらアメリカシロヒトリと分かった。
今年の紅葉は期待出来そうも無い。c0037696_1039182.jpg
[PR]
by kakabura | 2005-08-23 22:10 | 生活

今週の結果

今週は先週の急騰後の高値持合で推移したが年初来高値更新し上昇のエネルギーは持続。日経平均は+0.2%これに対して+1.4%と良好な結果となっている。循環物色の様子で高騰した銘柄の押し目買いが有効のようだ。相場が強気なのか抵抗線や押し目になる前に再上昇に入る銘柄が良いみたいだ。その分リスクも増える。
19日の下落でそれまで大きく上げて目標利益に到達していた物が下げた。やはりある程度上昇すると利益確定売りが出てくる。これまでは一律に安値平均でのカットとしていたがある程度上昇した後は厳しくしていく方が良さそうだ。
今後の展開は全く分からない。買いが少し甘くなっているようなので気をつけながら来週一杯は流れのままに行こう。
5918:抵抗線で買ったが減益発表で売却
8955:底値で買い2日反騰して良い気持ちになっていたところで急落REITの過熱感も指摘されていたので慌てて売却その後大きく動いたが下落基調。利益目標が高すぎた。
4321:下髭をつけたので買ったが買い時を考えているうちにあがり追っかけ買いをした。安値平均で直ぐに売り。その後下落
9448:急騰した後の反発狙いだったが反発力は弱かった。やはりCCLの下なので直ぐには抜けないのだろうか。安値平均売り。その後も下落
6417:大幅に下落したので大引けで買い翌日の反発を狙ったがあまり強くないので売却。買値は未だ下のようだ
5232:安値平均線売り。前日の十字線を意識すべきだったかもしれない。売りシグナルを皆知っているのならやはり売る人が出てきて当然。ロウソク足も重視しなくては
[PR]
by kakabura | 2005-08-20 08:09 | 投資日記

日本の未来は

突然の郵政解散で大きく動いた、そうでなくとも今年は戦後60年ということで戦争、原爆、靖国、憲法などを考えさせた夏だった。徳川300年の安定期から開国し懸命に努力したのに道を間違え敗戦、それからジャパンアズナンバーワンと言われたのもつかの間今度は経済敗戦を迎え10年以上の模索が続いている。
「異常なイベント好き,旅行ブーム、健康ブーム、訳の分からない新興宗教や温泉ブーム」など衰退末期の症状が似ているとの論争があった。日本ではない、100年前のイギリスである。大英帝国が傾きかけてローマ帝国の歴史との比較をして「改革」が論争された。なにやらそっくりである、歴史は繰り返す。というより興亡と衰退は自然のリズムなのだろう、大きな動きに逆らうことは出来ないがその中の小さな波の方向はどのように「改革」するかで変わってくる。今正にその岐路に立ったと言うことだろう。
 自民党が変わりつつあるように見える。企業が無理やり変わった流れが政治の世界へ移ったようだ。旧態依然とした考えに囚われていた人達は正にリストラに遭ってしまったようだ。国民から見れば好ましいことだが問題は正しい方向を選択しているかどうかである。気になるのが又また物議をかもし出したホリエモンの出馬。一時は自民党から出るともうわさになったが事実上「亀つぶし」には間違いない。これも単なる戦術の内と考えて良いのか、これまでの言動からはホリエモンは政治の世界に入る人間ではない。何故なら「自分の事」しか考えていないからだ、勿論今回の出馬も有効な公告手段との位置付けだろうから当落は気にして無いだろう。
 大衆に迎合するのが一番恐い。本来「本当の改革は痛みが伴うので支持されない」はずなのだ、しかし真のリーダーが出た時だけ改革は成功する。小泉首相はどうなのだろうか?「形だけの改革」は結局「問題の先送り」に繋がり衰退を停める事にはならない。日本は正しい選択が出来るのかそもそも正しい選択肢そのものがあるのか。投票率の低下は避けられるのか。いろんな意味で今回の選挙は興味深い。
 モー娘。の歌を信じたい
~日本の未来は~世界もうらやむ イェイイェイイェイイェイ
[PR]
by kakabura | 2005-08-20 00:53 | ぶらだより

難しい

2,3日前から振れが大きくなってきた感じ。外国人投資家の買いで朝は上げて引けにかけて下げる。今日は朝から下げた、昨日最高値で1000株売れた5232は今日は残りが安値平均線売りとなった。売り残が多い銘柄なのでまだ上がると思っていたが見事にハズレ。9479は三角持合が煮詰まってきたので逆指値買いとした。読みが的中し一気に5%上がる、これで行くかと思っていたら何時の間にか戻してしまった。
週末は色んな思惑が入りランダムに動くようだ。昨夜から為替がドル高に変わっている、為替の動きは輪をかけて分からない。為替トレーダーのメルマガでは夏休みで取引の少ない中のテクニカルな動きと言うが来週くらいから皆さん戻ってくるのかな。その時にどちらに動いていくのだろうか。
[PR]
by kakabura | 2005-08-19 17:20 | 投資日記

どうなるの?

昨日NYが下げた。略トレンドラインまで大きく。日本もここまで急な上げ方だったので一旦調整する可能性を予想して現物の売りでヘッジした。しかし直ぐに下げ止まり上昇に転じる。外国人の買いは継続だがここまで強いとは売り物は早々に買い戻し。午後に入っても基調に変化がないので昼寝などして3時前に起きて見たら大きく下げていた。午前中の下げランキングから目をつけた銘柄を買ってみる。
どちらに動くかわからない両にらみだが今晩のNYで決めよう。下げれば調整入り。戻せばトレンド継続。
[PR]
by kakabura | 2005-08-17 18:30 | 投資日記

花火

何年振りか花火を観に行った。両親と姉と4人でいくなんて滅多に無い事。敦賀の花火1万発ということで京阪神からも集まってきた。松原海岸に観客の群れ、姉は3000人はいるねえ、馬鹿だねえ一桁違うよと言ったが今日のニュースでは17万だったそうだ。市長の挨拶が良かった。本来原発誘致で好きではないのだが30秒で終えた、見直した。花火の前に灯篭流しをする、読経の中を海に向かって流していく。お盆に帰ってきた先祖の霊を又送り返す、これは神道の流れではないかと思うのだが父親に言わせればお経で良いそうだ。読経が始まると父親は「お勤めが始まった」と言う。勤めるというのは本来は好きではないのに無理やり頑張ってやるという語感があるので「いやいやお経を読むのか?」と聞いてしまった。分かったような事を言っていたがどうも仏教は好かん、キリスト教もだけど。神道は良い何でもありだから全てを受け入れる、皆神様だ、国家戦略の片棒を担がされたのがまずかった。
などと思いながら次々と打ち上げられる花火を観る。色んな形が出来るのに感心した、阿呆になって空を見上げている。そらから火の子が落ちてくる、一瞬の芸術、花火は消え行くところに美しさを見出すようなところがある、桜の美しさと共通する何かだ。
何時の間にか花火は終わっていた。あっという間の2時間だった、帰りの人込みを歩きながら久しぶりに人並みな事をやっているような気がした。
夏の終わり
[PR]
by kakabura | 2005-08-17 18:19 | 生活