カテゴリ
全体
ぶらだより
投資日記
社会経済
今日の先物予測
家庭菜園
読書
生活
健康
以前の記事
2017年 03月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
お気に入りブログ


<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

オリンピック

中々メダルに手が届かなかったが今日やっと金メダルがでた。勿論女子フィギュア、朝の4時から見ていた、安藤は4回転をやって良かった。やらなかったら悔いが残っただろう。失敗した事で又チャレンジ精神が出てきて次は一回り大きくなるだろう、守りに入ったらその時点で負け。村主は一番好きなのだが怪我から良くここまで持ってきたと思う。すべり終えて「もう足が動かない」と言う極限の状況であれだけの滑りをするとはものすごい精神力。滑り終えて祈っているような姿を見ると涙が出てくる。アリスのチャンピオンみたいに「もうそれで十分だ」と思ってしまう。荒川は完璧、プレッシャーの中で120%の力を出す。ここに到るまでの準備と調整、冷静な判断力、まさしく株式投資の真髄(こんな事を思ってみていたのは他にいないだろう)を教えられた。
 予想通りというか、やはり女性陣の活躍が目立つ。メダルにはもう少しだったが実に健闘している。中でもカーリングが予想外(?)の人気、日本の各地で申し込みが殺到しているそうだ。考えてみるとカーリングほど得な競技はない。2時間半も中継される、それも何回も。フィギュアスケートは長い方だがそれでも4分、ショートプログラムを併せても6分位だろう。上村のモーグルは30秒、ノルディックなんかは競技時間は長くても画面にでるのはほんの一瞬にすぎない。他を見ても野球も時間は長いが各個人の映る時間は少ない。唯一競えるのがマラソン、但しこの場合にはトップを走るという条件付。これらと比べるとカーリングの優位さが際立っている、常に皆の顔がアップで映っている。あの小野寺4人組の顔をしらない日本人はいないのではないだろうか。企業のロゴマークが許されるのなら無条件でカーリングを選択すべし。
 唯難点が一つだけある。競技の特性なのかオバチャンが多い、40なんて少しも珍しくない世界。ものすごい顔したオバチャンが大口を開けて叫ぶ姿だけは勘弁して・・・・・
 やっぱり次ぎは浅田真央だ!!
[PR]
by kakabura | 2006-02-24 21:47 | ぶらだより

今週の結果

散々な週であった。先行きの不透明感が一気に出てきてそこに付け込んだ輩のせいで乱高下の繰り返し。損を抱えた投資家の投売りで非常に荒い動きになっている。トレードは殆どしなかったが含み損が増すばかり。
TOPIXはー2.3%これに対してー6.7%となり1月の利益を完全にはきだしてしまった。当面は苦しい展開が続く。無理をして傷口を増やさないようにすることと往来相場を前提としたトレードシナリオに変えよう。
8050:-1.5%
4452:-0.7%
今週の2回は試しにやってみたがリスクを小さく取ったことによりロスとなっている。今の動きではある程度のリスクを許容しないとリターンに繋がらない。トレードのシナリオをきっちりと作ったうえで入らないと駄目だ。
[PR]
by kakabura | 2006-02-18 16:59 | 投資日記

記憶のかけら

何をするわけでもなく昔の事を思いだしている。やはり小学校の事は少ない、断片的な記憶が出てくるのみ。よくドラマなどで回想シーンが流れるるがあれはウソだ。連続した流れはない、人生を壮大なジグソーパズルに例えるならばその1ピースが出てくるだけ。それが思い出なのだ。中学になると少しずつ増えてくる、懐かしい人もいるが全くの音信不通状態。今逢っても分からないだろう。
 高校からは格段に増えてくる、多感な時期だったし受験もあった。大切な思い出も多い今でも大切な友人がいる。大学ってのは学問をするところなのに男声合唱が殆どだ、何たる事か。会社に入ってからは自分の未熟さを思い知らされつつそれを何とか乗り切りながら過ごしてきた。出合った人の数も格段に多い。
 考えてみると人付き合いが嫌いなのに思い出には必ず人が不可欠になっている。感動した景色などと言うものはない、強いて言えば苦労したいくつかのプラント位なものだろう。そんな多くの人達に助けられて今の自分がある。この「ぶらだより」もそんな方達への一方的なお礼かもしれない。こんな事を考えていると記憶の尊さに気がついた。記憶を無くした人達がいる、昔の事なんか良いじゃないか、今が良くて明日があれば。とんでもない間違いだった。過去があるから今があるのだ、過去の記憶というのは植物にとっての根みたいなものなのだ。表面からは見えないが地中に如何に深く広く根を張っているかどうかで成長や花の咲き方が変わってしまう。恐らく一生出てこないけれど脳の中には人類が発生した時からの連綿とした記憶が埋まっているのだろう。
 有難い事に何人かの方は夢の中に出てきてくれる。夢というのは変なもので全く忘れていたとんでもない人が出てきたりする。きっと心の奥底でその人を求めていたのだろう。夢を見るたびに心は軽くなってくる、フロイトの学説は信じない、人間の本能を信じる。
 過去を彷徨っているうちに株価はジェットコースターに乗ってしまったらしい。そろそろ現在に戻る事にしよう。
[PR]
by kakabura | 2006-02-17 22:08 | ぶらだより

今週の結果

今週はSQなどもあり変動が大きかった。TOPIXがー2.8%に対してー5.2%となった。TOPIXが大きなレジスタンスに当たっていることに加えて決算発表や外部要因など方向感が分からなくなっていた。いつもこんなときにヘッジの仕掛け売りが出てきて混乱させる。今回も同様だった。こんな時はは休むに限るのだが手を出してしまった。
やっても良いのは高値遊び銘柄。この暴落場面でも下げなかった。リトレースは危険。もっと安定した局面で使用しなくては。
ロスカットも問題。投資銘柄として堅いロスカットを入れていたのが下ひげに引っ掛けてしまった。基本的に投資銘柄にはロスカットを入れずに終値で10%下げたら売りまたはトレンド転換の確認などに変更した方が良さそうだ。
3105:-4.7%
1916:+2.2%、2.5%
7994:0.4%
7259:+9.2%
9501:+1.4%
8902:+4.9%
8888:+0.6%
6482:-1.6%
8882:-6%
8058:+2.4%、+11.4%
4043:-2.4%
1604:-2.4%
今週は投資銘柄を仕込む事を考えよう。あとは業績発表銘柄のデイトレの可能性
[PR]
by kakabura | 2006-02-11 09:34 | 投資日記

うつうつと・・・・

北陸の冬は欝とした毎日が続く。外へ出る事がない、毎日家の中だ。どんよりとした空、外を見ても雪が降っていたり曇っていたりでスッキリしない。そんな訳でここの所、気力がない、本を読む気力がないし音楽を聞く気にもなれない。又いつものやつがやってきたようだ。
 障害者自立支援法というのが出来た。障害者と言えども甘えていないで自立出来るように援助金を減らしてくれるという有難い法律。娘の手続きをどうしようかと考えていた。処が先日いつもの病院で鬱病の薬をもらったらカウンセラーの人が来て「今度法律が変わって申請を・・・・」と言う話。知らなかった、私も障害者だったのだ!!。まあ普通の人間ではないとは思っていたが障害者だったとは気がつかなかった。
 東横インでも障害者が問題になったが一体誰が正常で誰が異常なのだろう。最近は聞かないが知能指数なんて言葉もあった。あれは点数制で分けるのには便利だがそれだけでもないだろう。IQが高ければそれだけ悪い事もできる。最近流行のフィッシィング詐欺なんて一体どうやってやるのか想像も出来ない。彼等は健常者に見えるが頭の1部分に障害を抱えている(外からは見えないが)、普通の人って誰?
 一日中ボーットしていて気がついたら株価は暴落。持ち株もバッタバッタと討ち死にしていた。いつもこの様な時はに必ずヘッジファンドが仕掛けてくる。元気だねえ彼らは、しかし付き合う気にもなれない。勝手にどうぞ好きなだけやってください。
 明日からオリンピック、地球のあちこちでドンパチやってる中での口先だけの平和の祭典でも見ている事にしよう。我が家ではスポーツ観戦大好きは奥さん、我が家のスポーツ解説者なのだが今回はこちらに分が良い。というのも時差の関係で早朝が中心になりそう、敵は大の寝ボスケなので先に見て鼻をあかしてやろう。
[PR]
by kakabura | 2006-02-10 21:57 | ぶらだより

マネーの公理

スイスは何も無いところだそうだ。しかしスイスフランは一番の信用を得ている。それは彼らが金融という分野で圧倒的な力をもっているからだ。本書はスイスの銀行家に学ぶ儲けのルールという副題のように彼らがどのような考えの下で投資を行っているかが書かれている。
12の公理について分かりやすく説明してある

第1の公理 リスクについて
 心配は病気ではなく健康の証である。もし心配なことが無いなら、十分なリスクをとっていないということだ。
 副公理1 いつも意味のある勝負に出ること
      2 分散投資の誘惑に負けないこと
第2の公理 強欲について
 常に早すぎるほど早く利食え
 副公理3 あらかじめどれだけの利益が欲しいのか決めておけ。
       そしてそれを手に入れたら投機から身を引くのだ
第3の公理 希望について
 船が沈み始めたら祈るな、飛び込め
 副公理4 小さな損失は人生の現実として甘んじて受けよ
       大きな利益を待つ間には何度かそういう経験があると考えろ
第4の公理 予測について
 人間の行動は予測が出来ない。誰であれ未来がわかると言う人を例えわずかでも信じてはいけない
第5の公理 パターンについて
 カオスはそれが整然と見え始めない限り危険ではない
 副公理5 歴史家の罠に気をつけろ
 副公理6 チャーチストの幻想に気をつけろ
 副公理7 相関と因果関係の妄想に気をつけろ
 副公理8 ギャンブラーの誤謬に気をつけろ
第6の公理 機動力について
 根を下ろしてはいけない。それは動きを鈍らせる
 副公理9 忠誠心やノスタルジーといった感情で下落相場に捕まってはな        らない
 副公理10 より魅力的なものが見えたら直ちに投資を中断しなければな         らない
第7の公理 直感について
 直感は説明できるのであれば信頼できる
第8の公理 宗教とオカルトについて
 宇宙に関する神の計画にはあなたを金持ちにすることは含まれていない
 副公理11占星術が当たるのであれば全ての占星術師は金持ちであろう
 副公理12迷信を追い払う必要は無い。適当なところにおくことが出来れ         ば楽しめる
第9の公理 楽観と悲観について
 楽観は最高を期待することを意味し、自信は最悪に対処する術を知っていることを意味する。楽観のみで行動してはならない。
第10の公理 コンセンサスについて
 大多数の意見は無視しろ。それはおそらく間違っている
 副公理13 投機の流行を追うな。往々にして何かを買う最高のときは誰もそれを望まないときである
第11の公理 執着について 
 もし最初にうまくいかなければ、忘れろ
 副公理14 難平買いで悪い投資をなんとかしようとするな
第12の公理 計画について
 長期計画は将来を管理できると言う危険な確信を引き起こす。決して重きを置かないことが賢明だ
 副公理15 長期投資を避けよ
[PR]
by kakabura | 2006-02-06 14:22 | 読書

今週の結果

今週はライブドアショックも1段落して落ち着きを見せてきた。スピードラインの2/3ラインを守ったことから上昇トレンドに変わりは無く全体としては日柄調整に入っているようで来週あたりから上げに転じるかもしれない。
今週は比較的良好なトレードが出来た。1/31に売れるものを売り切ったので身軽になった。1月中旬のずさんなトレードから再度勉強を行った成果も少しは出てきているのかも知れない。TOPIX+1%に対して+2.6%とまずまず。
8897:-0.1%
7459:-1.1%
6504:+3.5%
6503:+8.9%
1379:+0.5%
6135:+6.8%、+21.9%
3404:+36.8%
1808:+0.1%、-3.7%
8281:-5.2%
4661:+0.6%
企業の業績発表も良好に推移している中で週末のCMEが大きく上げたことから来週は上げる可能性が高いと思われる。保有銘柄の業績は良好なのでロスカットは緩めにして目標に達した時点で売り回転を上げていこう。無論まだスタートしたばかりなので無理はしないで少しずつ。
1月は大揺れしたがなんとか目標をクリヤーできた。
[PR]
by kakabura | 2006-02-04 04:38 | 投資日記

東横インは悪い会社か

今週は東横インのニュースで持ちきりだった。障害者用の設備を勝手に変更していた。それも最初から計画的に行っていた悪い会社である。
しかし会見に現れた西田社長の発言にはズッコケタ。
 ”障害者用の部屋を作っても誰も来ないし結局物置になっちゃうんですよ”
 ”どうも見た目が悪いんですよ”
 ”60kmの所を68km位ならまあ良いかってやっちゃったんですよ”
とんでもない社長がいたものである。しかしこの人は善人だ、普通は神妙にして本当の事は言わない、もっとひどいのは嘘をつく。これらの言葉を捉えて悪者扱いをしているがとんでもない誤りと言ってよい。
 問題はどこにあるのか。法律が悪い、条例が悪いのだ。車に乗って制限速度を守っている人がどれくらいいるだろうか。誰も守らないしオーバーしても悪い事をしているとは思わない。と言うことはその法律そのものがおかしいと考えるべきだろう。
 障害者にも配慮したホテルが必要と言うのはその通りだ。障害者の親としても障害者用のトイレのある所がどれほど有難いかよく分かる。しかし全てのトイレを障害者用にする必要はない。ホテルだって全てのホテルが同じ設備を設ける必要はない。ところが旧態依然とした発想しかない役人が条例を作ってしまう。これで障害者に配慮した町作りが進んだと。そこには横並びの考え方しかない、しかも費用は民間に押し付けている。
 規制緩和に逆行している。本当に進めたいのならばそういう設備を作る所には補助金をだすのが本当だろう。そうすれば民間は自由に選択が出来るし多様なホテルが出来て利用者の選択手段も増えるというものである。もっと進めたいのならば○適マークを与え公務員が公務で利用する時は○適ホテルに限るとすれば良い。規制することしか考えられない人間は退場ねがいたい。
 マスコミにも問題がある。いつもこの手の事がニュースになると関係者の話として障害者団体の怒りの声なるものを流す。一部の障害者団体は怒っているのかもしれないが全員ではない、多分少数だろう。
 今年になってヒューザー、ライブドア、談合問題、東横インと事件が続いている。これは偶然ではないだろう、裏で動いている人間がいる、それが何者なのか狙いは何なのかは分からない。水戸黄門だった小泉改革にも陰りが出てきた。大きく動いたのでその反動なのかもしれない。少なくともライブドア、東横インは本当の問題から目をそらすために使われている。マスコミは喜んで肩棒を担いでいる。
 一般庶民にはどうでも良いことだけどこれから宿泊は東横インを使おう。無論予約の際には”障害者がいるんですけれど”と言ってね。
[PR]
by kakabura | 2006-02-03 18:03 | ぶらだより

1916 日成ビルド工業

1/13に出来高を伴ってブレーク、その後調整している。2日前から20日線に押しが入り十字線陰のはらみが出てかつレジスタンスにもあたっているので2POINT20での買い。
[PR]
by kakabura | 2006-02-03 17:11 | 投資日記

4732USS 5959岡部 7994岡村製作所

4732USS
下降トレンドを確認、上昇9日で陽線新値3本、50日線に押しが入り毛抜き天井より売りで入った。+DIが上昇しているのが少し気になる。%Kの売り
2/2ロスカット。50日線は戻しすぎのようだ。%Kの条件にはあっていたが10MAが20MAとGCするところだった。
5959岡部
下降トレンドを確認、20日線の押しと十字線。ストキャスもDCなので売りで入った。クロス20の売り
7994岡村製作所
上昇トレンド、1200がレジスタンスになっている。ブレークアウト狙いだが+DIがーDIとGC、ストキャス、RSIも上昇しているのでブレークアウトの確率は高いと判断して1197でエントリー。一時ブレークしたが相場が悪く戻ってしまった。
[PR]
by kakabura | 2006-02-01 17:30 | ぶらだより




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧