<   2005年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

不眠症その2

ドクトル ”その後どうですか”
患者  ”あいも変わらずですが、薬飲んでも夜間に目が覚めるのは変わりないので止めて見たいのですが・・・・”
ドクトル ”ウーン ○○さんの場合は難しいですねえ”
患者 ”しかし効果の無い薬を飲んでいても・・・”
ドクトル ”そうですねえ、じゃあ一つを止めましょう”
バナナの叩き売りじゃあないけれどお互いが歩みよって落着。
その後、変わらない・・どころか昨夜は随分と眠った。一度目が開いたが又眠り七時過ぎまで眠ってしまった。医者って何だろう?
 以前交通事故で骨折して入院した事がある。毎週整形外科部長の回診がある。患者の治療箇所を曲げて見たり叩いて見たり、患者は悲鳴を上げると次へ行く。一計を案じた、痛みを感じる前に悲鳴をあげる。大成功、後ろでなじみの看護婦さんが笑いをこらえている。
こんなこともあった。”先生どうも痛いのですが” ”分かりました検査して見ましょう”そして”大丈夫です、骨に異常はありません”これ以後整形外科の医者に対する不信感は消えない。彼らは患者の痛みを知らないのだろう、そして自分が患者になってみて初めて本当の医療とは何かを知る事になるだろう。
 しかし私は良い患者である。専門家たるお医者様の言う事を疑うような事は無い。父のように自分で診断を下し悩み愚痴をこぼすような事は無い。父は医者を信用していない、金をむしりとる詐欺師だと想っている。私は専門家の知識を尊重する、しかし人間としての疑問を抱いているだけだ。父は長い間苦悶したあげく医者を訪ねて処方された薬を欠かさずに服用している。次回は・・・・又同じ事をやってるだろう。
[PR]
by kakabura | 2005-01-30 12:20 | 健康

動物行動学 その3

竹内女子の話は胡散臭いんじゃあないの?というメールを頂きました。確かに胡散臭い、この不可解な世の中の森羅万象を遺伝子だけで説明しようなんて・・・・・。まあこれは信じるか信じないかだけの話でしょう、宗教と同じ。神や仏は本当にいるのか?答えは神のみぞ知る(英語では誰も知らないと同義語で中学校2年の時良く知っていると先生に褒められたことがある)。しかし何の役にも立たずお金だけを欲しがるその辺の宗教よりは役に立つような気がするのです。
 恋愛と一言でいうが恋と愛はまったく別物だということに気がついた。冬のソナタである。このドラマ人夫々色々な受け止め方をしているが私の冬ソナはそういうことである。ユジン、チュンサン、サンヒョク、そしてチェリンの4人が絡み合いながら3角関係か四角関係みたいな感じで話しは進んでいく。何時頃からか彼らの思い方が日本のドラマと少し違うような感じを受けだした。何か違う、それは相手の為にどうしたら良いのか。自分は捨てても相手の事を考える。ああ、これが「愛」というものだと得心した次第。それは男女間ではまどろこしく感じるが(実際ドラマを見ていてどうしてそこまで・・とイライラするのだが)そうした手続きを踏まえるとヨン様のような人が得られる。これは男女間だけでなく親子,動物等全てに通じる「愛」という名前を借りた遺伝子のたくらみではないか。
 その点「恋」は全く異なる。それまで見た事もない名前も知らない相手が突然なんの予告もなく心の中に入り込んでしまう。遠くから眺めている、心ひそかに想う、胸がときめき、一言声を聞こうものなら天にも昇る心地になる。しかし意地悪な遺伝子は必ず邪魔をする。そんな簡単に配偶者を決めては自分の行く末が危ない。かくして初恋ははかなく消えさり心の奥底にひっそりとしかしいつまでもしまいこまれる。「恋」とは人間だけに与えられた物ではないか、そんな気がしてならない。竹内女子に聞いて見たい気がする。
 そう言えば遺伝子の呪術から完全に解放された人達がいる事に気がついた。同性愛である。遺伝子を残すことを完全に止めてひたすら愛する、考えて見れば何の打算もない究極の愛かもしれない。同性愛と聞くとなんだか不潔な感覚を覚えるのは遺伝子の仕業に違いない。アメリカ大統領選挙にまで首を突っ込み何と言うことか遺伝子が勝ってしまった。恐るべし遺伝子!!
[PR]
by kakabura | 2005-01-28 21:55 | ぶらだより

今週の結果

なんという間抜け加減だろうか。昨日のアメリカの下げ具合から今日は下げると判断。高値銘柄を幾つか候補に選び売りに備えた。その中で6945を対象として見たところ三角持合をつくったので持ち合いから下に抜けたところで売った。予定通り株価は下げていく、で利益欄をみるとなんとマイナス。良く見たら買っていた!!又やっちゃった。反対売買で手仕舞いしたが2%近く下げており良い判断をしたのにと悔やむ事しきり。
今週これで2回やったことになる。これからは指差し呼称をやらないと本当に駄目だ。
結局日経平均は0.7%上昇したのに対して1.2%のマイナスとなりトータルのリターンも4.7%に下がった。
 戦術ではとちったが方向感は合っていた様だ。あと2銘柄位整理しておきたかった。今日の引けで大きく戻した事から下髭をつけた格好になっている。ここの所の下げで騰落レシオも下がってきた。来週2日に転換日を迎えることから外部状況に変化がなければ来週から買いに転換しよう。
[PR]
by kakabura | 2005-01-28 17:48 | 投資日記

葱を植えた、近くの人が苗が余ったのでと薦められたのだ。帰って野菜の作り方を見てみる。葱の白い部分を多くするには深く植えて光が当たらないようにとある。冬にはこの葱で鍋だというわけで思い切り深く植えた。隣の爺さんのをみてると三角形の山をつくりそこに並べて少し土をかけるだけ。これでは緑部分の多い葱しか出来ない。
 深く植えると土かけが大変。葱の奴は途中から頭を下げてしまうので土をかけると葱も土の中に入ってしまう。肥料もやり精魂をかけたのに殆ど土の中に埋まってしまって出てこなかった。葱を育てるのは大変なのだ。
 ふと傍に数本の葱が自生している、そう言えば植えた時余ったのをその辺に捨てておいた。それが育ったようだ。してみると私は何をやっていたのだ?自然の生命力の強さを称えるべきかそれともその力を奪った自分を蔑むべきか。
 あちらこちらで大きく育った葱を見かける。その度に忌々しい思いが頭をかすめる。
隣百姓という言葉の通り隣のやる事を真似してやれば良かった。なんといっても野菜作りなんて生まれて初めてだったのだから。
[PR]
by kakabura | 2005-01-27 20:48 | 家庭菜園

動かない

懸念していたアメリカが持ち直しておりこれで日本も動くかと思ったがズルズルと下げる展開になっている。そろそろ上がる、もう上がると思うのに上がらない。

似ているー(ちゅらさん 風)
去年の7月1日、全世界がかたずを飲んで見守っていたイラクの主権委譲。何かあるのではないかと怯え、それさえ過ぎれば心配はなくなるから株式市場は上昇を開始する。皆そう思っていた。6月末の半年でリターンは40%を超え”あたしゃあ天才”と信じていた。そして7月1日を迎えた。上がらない、2日上がらない、何か変だと思うまもなく急落していき手を打つ暇もなく呆然としていた。”あの利益は何処へ行ってしまったんだろう” 似ているー

一応調整を前提に6302の売り。これまで2回売ってきた、値幅はあまり取れなかったがまあまあおなじみさん。調整に入れば相当高値圏なので大きくリターンが入るというシナリオ。しかし予想外に底堅い。シナリオからずれたら直ぐに撤退。
[PR]
by kakabura | 2005-01-27 17:21 | 投資日記

脳力のレッスン -寺島実郎

「脳力」とは物事の本質を考え抜く力だそうだ。学者、評論家達とは違い長く海外で実務を通して培ってきた「脳力」によるエッセイ。9.11以後の日本について思考停止と両断する。

確かにブッシュのアメリカはおかしい、でも北朝鮮がミサイルを発射してきたら守ってくれるのはアメリカしかない。そんならなんか変だけど自衛隊のイラク派遣もしょうがないかもね。という空気が日本を覆っている。これは思考停止状態でありもっと脳力を使って本来の有り方を考えろと知識人達に投げかける。

マスコミとそれに迎合する知識人達の言動は時代の雰囲気に流されがち。最近は北朝鮮への制裁を声高に叫び憲法の問題に結び付けようとしている。

筆者は改めて平和憲法を通してアメリカに対していくべきであるという。大地に足をしっかりとつけた筋の通ったエッセイ。
[PR]
by kakabura | 2005-01-26 17:22 | 読書

持ち直す

昨日のアメリカ市場が上昇なんとかレンジ内に戻した、日経平均も安心感から買われたがトレンドの転換はまだ早いと思う。

キャッシュポジションを上げておいて次に備えよう。それにしても為替の動きが速い。東京は静かだがロンドン、NYでの動きにはなにかありそう。
[PR]
by kakabura | 2005-01-26 17:01 | 投資日記

やってはいけないこと

昨日間違えた4714は5%の下落。もちろん早々と手仕舞ったがあと5%は下がるだろうから痛かったなあ。現物を高値で売りさらに其処で空売りに入って往復の儲けの所がトホホ・・・しかしこの銘柄では儲けさせて貰ったのでこれで良しとして押し目の待ちとしよう。

いけないのは3720先週末から動きがおかしくなっていたので早々に撤退と決めていたのに少しでも利益をと高めの売り注文を出し、下がるたびに追っかけて未だに売れていない。
 「買いは指し値 売りは成り行き」
シナリオから外れてくると色々なテクニカル指標を探しては上がるもしくは下げ止まる理由探しをやってしまう。それでうまくいったためしはない。引き際はすっきりとしないと。

ところで為替が動き出した。中国がらみのようだが急速に円安に振れ出した。これまでのボックスの中で留まるのかそれとも新しい変化なのか。ユーロの動きも変だし解らないときは休めというからしばらくお休みにしよう。
[PR]
by kakabura | 2005-01-25 20:25 | 投資日記

なんという間抜け

今日は様子見だろうと思っていたら意外と強い展開だった。しかしポジション整理の方向でまずまず。
4714は予定通り寄り付きで売却。その後の様子をみると上髭をつけ今日が天井みたいなのでさらに売りを仕掛け成功と思って整理した所なんと売ったはずの物を買っているではないか!!明日損きりだな

明日から今週一杯で方向が出てくるだろう
[PR]
by kakabura | 2005-01-24 17:09 | 投資日記

不思議

睡眠剤を飲んでも目が覚める。
某月某日
就寝11時30分     2時:目が覚めオシッコ。ついでにアメリカの市場のチェック”今日はまあまあか” それからベッドへ 3時半:目が覚める。もう一度アメリカのチェック”下がりだした”為替の動きも見てベッドへ 5時:目が覚める。もう駄目だなと観念、椅子に座りヘッドフョンでラジオを聞き新聞を読み始める

ある日考えた。こんなに目が覚めるということは薬は役に立ってないのではないか。ちょうどその日は診察日なので睡眠剤の停止を医師に相談しようと思った。ところがそんな日に限って医師が留守。仕方がないので同じ薬を貰ってきた。そしてその夜は薬を止めてみた。
就寝   11時半
目覚め  1時半 何時もより早いがとにかく眠ろう
目覚め  3時起きているようでもあり半分夢をみている。あとは1時間毎
やはり薬は効いていた一晩訳のわからない夢と戦い起きた時には疲れた頭になってその日1日ボーっとしていた。

昨夜地元の自警団に入って始めての新年会。普段自粛しているが付き合いで飲まないといけない。それでも義経が始まる前には帰ってきた。義経が終わり九時からは何もないので教育のNHKコンサートホールを聞く。林隆三がゲスト。これが終わりいよいよ見るものがないので何時もより早くベッドに行って本を広げる。・・・・・

下からつれあいの”でんきついてるわよーーー”の声で目覚める。1時前だった何時の間にか眠りに陥っていた。下ではテニスをやっていてシャラコワなので勝つた所で睡眠剤をのんで再度眠りへ。5時過ぎに目覚めた。スッキリしている、何故だろう、どうなっているのだろう。

普通アルコールは睡眠を助けるが鬱病には逆効果で覚睡後眠られなくなる。それもあって自粛している。ところが昨日は薬なしで熟睡してしまった。無理やり起こされて薬を飲んで寝たがその後目は覚めなかった。

今日は診察日 なんて言おうか
[PR]
by kakabura | 2005-01-24 05:45 | 健康




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧