<   2005年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ニッポン放送問題

ライブドアの買占めで日本中がこの問題に夢中。賛否両論であるが確実に言えるのは時代が変わっているということ。大分前に小糸工業を外資が買収しようとしたことがあったがその頃は反対1色だった。今回の問題は判断に迷う。そもそもライブドアは面白い会社と思っていた。昔エッジと言う名前の頃100倍の株式分割を行いその時に買ったのが始まり。株式分割というのはせいぜいが2倍とか多くても5倍というのが普通だった時に100倍だから証券界は驚いた。取引所は以後混乱を避ける為に自粛をと要請したがホリエモンは全く気にせず”何でもやりますよ”といっていた。その後ライブドアを買収して名前も変えてしまった。プロ野球の時は少々困った、なぜならば当時楽天の株も持っていたからだ。しかし心情的にはライブドアを応援していた。既存の考えに囚われないで新しい事を考えていく。株価は下がったが手放す気にはならなかった。そして今回の事件(?)
 ホリエモンは織田信長だ、古い事に囚われない。信長は大きくなる度に居城を移して行った。旧来の大名達に出来ないこと。ホリエモンも名前に囚われず変えていく。名前にこだわり○○△△みたいな古い名前も足していくようなことはしない。体制の破壊者といえよう。今回の問題はどうか、一応結論は司法がということになるがそれだけでは収まらないだろう。会社と言うものの考え方を一変させてしまう可能性があるからだ。日本の会社で株主の存在は希薄だった。会社は経営者と社員のものだった。そこへ外から大株主がいきなり現れた。今は焦点が経営層にしか向いていないが吃驚したのはニッポン放送やフジサンケイグループの社員達もそうだろう。「自分達の会社」が他人の物になってしまうのだから。正論はホリエモンにある、会社は株主の者で経営者や社員は単に雇われているに過ぎないのだから。しかし頭では理解できても違和感が残る。本当にそれで良いのか、日本には独自のシステムがあって良いのではないか。古いシステムに風穴を開ける事はできた。これからどちらの方向に向かうのかそれが問題だ。少なくても信長は非業の最期を遂げた。とすればホリエモンの意味が終わった処でライブドアとも別れた方が良さそうだ。
[PR]
by kakabura | 2005-02-27 10:00 | 社会経済

今週の結果

今週は結果として日経平均は変わらずに対して1.5%と数字上は穏やかだったが中身は大きく変動した。全体としての方向感は出てこないがマグマが溜まってきている感じだ。
勝ちパターンとして時間中に発表されたサプライズに乗る方法が有効だった。昨日の午前の立会い後発表されたものはそれまでの見込みを上回るものだしチャートのパターンからももう一段上げる確率が高かったので買った。結局その日は買値と同値で終わったが予想通り今日は日本中に知るところとなりランキングの2位に入った。もう1日上がると思われるが休みを挟むことと目標を超えたので売却した。賞味1日で12%の利益、これを積み重ねれば良い。
 もう一つは塩漬け株の対処。塩漬けは作らないのが望ましいがまだどうしても出てくる。これまで見切りを中心にしていたがそれがさらに下がるのなら売るのは当然としてもそうでないならば保有を続ける考えもある。つまりロスカットの目的は損失を抑える事と資金の回転を上げる為。資金が必要でないのならば売却する必要もない。信用の余力にはなるのだから。
[PR]
by kakabura | 2005-02-26 00:14 | 投資日記

失敗の薦め

千葉にいた頃、研究発表会で“かくかくしかじかの失敗をした”と報告した事がある。普通うまく行った成果を発表するもので、その時聞きに来ていたI研究本部長が吃驚して研究の神様と称されていたU研究所長に“おい、あそこは一体どうなってるんだ。ちょっと見てこい”と言ったそうである。その後U所長が現れ“アイツが行けというから来たけれどそれだけだ”とニヤリ。“失敗を報告できるのは自信があるからだ”事実彼の研究所でも「失敗の戒め」と称してやっていた。某本部長は大局的な視点はお持ちだったが実際の研究業務に関しては素人だった。

 ケンミレも投資に失敗した時に何故間違っていたのか、という原因を冷静に分析して負ける原因を無くしていくことが勝利を掴む方法であると言っている。失敗を薦める訳ではないが何かを行えば失敗する確率は必ず生じる。失敗した時にどうするかが大事なのだ。イチロー君がよく悪い点を修正してと言っているのも同じだと思う。誰でも失敗を認めるのは辛いことだ、隠せるものなら隠してしまいたいと思うのが人情であるが其処からは進歩に繋がらない。例を挙げるのに苦労は無い、昔の軍隊“無敵皇軍”の神話、最後まで自分達の失敗を認めず多数を巻き添えにした。近くは官僚、日本に政治家はいらない優秀な官僚達がいるから“無謬官僚”の神話。間違いを隠し続けた結果最後はボロボロ。どちらも本人達は殆どが最後までのうのうとしている。その点韓国は凄い。97年の経済危機の時の金融政策担当者は逮捕されてしまった、尤もかの国は大統領が辞めると何らかの罪で起訴されてしまうのだからあれもどうかと思うけれど。企業の方は早々と雪印に始まって三菱自動車までボロが出ては無残な結果となっている、最近は西部鉄道の件だ。日本の場合殆どが関係者(トップではない)の自殺となる、”あれは全て堤の指示だ”と叫ばずに静かに死んでいく。日本人の美意識(DNA)なのだろう、個人的にもそっと去っていくというのが好ましいと感じるが。

 そうならないためには失敗をいかす事が大切、別の言葉で言えば流行のPDCAサイクルを回せということ。簡単なようで難しいものだ。2月の株式市場は難しい展開になった、売りと買いの注文を間違えるというアホもしたがそれは単なるミス。買えば下がる,買わなきゃ上がる、おまけに売れば上がる。散々だった、壁に当たったという感じだった。しかしその原因の一つは解った、だから同じ間違いは繰り返さない。そして勝てるパターンも一つ見出した。階段を一段上がる事が出来たが壁はいずれ又くるだろう、でも乗り越えられない物は無い、何事にも新しい発見があるものだ。

 失敗は若い人には特にお勧めである、若い間は修正がし易いしその経験が長く活かされる。年を取ってからの失敗は取り返しのつかない場合があるので若い時に出来るだけ経験したいものだ。処で別の時Y取締役に“イヤア色々勉強になりました”と言ったら“いつまでも失敗してもらっても困るけどね”と言われたことがあったがあれには深い意味があったのだろうか・・・・・
[PR]
by kakabura | 2005-02-25 23:54 | ぶらだより

失敗の戒め

2月に入って不調、壁に当たった感じ。買うのは下がる、買わないのは上がる。売るのも上がる。おかしいと思って調べて見た。先入観で先高と見ていたがチャートからは高値水準が一目瞭然。初心者が参加する市場ではなかった。個別銘柄で見ていて割安の押し目を買っているつもりがそこで止まらずに下がっていく。見切ったところが底値というパターン。しかもおっかなびっくり買うから反発を確認したつもりが頭打ちになっている。1回で勝負するパターンではなく打診買いの手法を取らなくてはいけない。どっちにしても全体は割高水準なので完全に調整完了まで一休み。それまではチャート研究
[PR]
by kakabura | 2005-02-23 20:19 | 投資日記

集中力 谷川浩司

21歳で史上最年少の名人となった将棋界の天才がその後現れた羽生善治との争いを通じて得られた経験などを中心に物の考え方を纏めた好著。トップになるためには、トップを維持するには、又それらに必要な集中力、思考力,記憶力,気力について平易に書いてある。平易といっても中身は深く読むほうの力量により得られる物も変わるであろう。
 一流をなした人の言葉は貴重だが不思議に同じ事を言っている事が多い。基本をコツコツと繰り返し勉強し失敗はその原因を研究する。これを繰り返すことにより身体が自然に動くようになるという。スポーツでも言われているし、株式投資のケンミレも同じ事を書いている。将棋に強くなるにはと聞かれて“楽をしてと言う意味ならばない”という。努力をしない天才はいない、そして必ず壁にあたる。それが羽生だった、スランプに落ちて這い上がった時には一段強くなる。将棋を目指す人だけではなく何事かを成そうとしている人には力強い応援歌が聞こえるだろう。
 将棋は勝つことが目標だが人間を完成させることも大切だという。負けた時潔く“負けました”と言って頭を下げることが出来なくてはならない。奇妙なことに気がついた。日本の勝負事は終わった後必ず礼をする。相撲、剣道、柔道・・・海外のスポーツでは見られない。彼らは終われば握手はしても殆どが喜びを表現して終わる。同じ物でも高校野球は礼で終わるしマラソンだって殆どの日本人は深く礼をする。日本人、日本文化を考える時の切り口になるのかっもしれない。
 しかし40才前でこのような本を書かれてはたまったものではない。プロの棋士にとっては一回の勝負が一回の人生なのかもしれない。いかに凡庸な人生を歩んできたかを思い知らされ赤面する思いである。
[PR]
by kakabura | 2005-02-20 21:06 | 読書

先健主義

我が家はかなり不健康である、運動量が極端に少ない。昨年畑を始めたが10分も鍬を持つと息が切れるし翌日は体が重い。体重のチェックは毎週付けているが3人とも昨近の日本では死語となった「右肩上がり」。このままではいけないと、休みには出来るだけ出かけて運動をして共に健康になる「共健主義」を目指したが、牛年生まれの連れ合いの尻は重く、鳥年の娘の羽根はどこかに行ってしまった。かよわい兎の力では外へ押し出すだけで力が尽きてしまった。
 中国では「先富主義」による歪みが極まり社会の安定のために「共富主義」に方向を変えたと、うまくランディング出来るかどうかがこれからの世界経済の要の一つだがそんなことはどうでも良い。我が家の健康である。年初にあたり野党(牛、鳥)欠席のまま「先に健康になれる方から健康になる-先健主義」に方針転換を決めた。
 朝夕には筋トレ、家事で出来る事はどんどんやる。そして散歩。さすがに雪のある間は駄目だったが季節も変わってきた。日野川の土手を歩く、少し風は冷たいがもう冬じゃない、冷たさの中に春の訪れを感じる。遠くには霊峰白山が雪を抱いているのを眺められる。道を田んぼのあぜ道に変えれば雪の解けた田んぼに鳥達が餌を探している。チョコチョコと背黒セキレイ、茶色の目立たない鳥がいてなんだろうと思うと舞い上がり羽根の白が鮮やかに目に入る、タゲリだ。自然を感じながらひたすら歩く、歩いていると頭の中のモヤモヤが無くなってくる。そして色んな考え、言葉が頭の中に浮かんでは消えていく。
 大学の時、京都に親戚を訪ねた。叔父はデザインを生業としていて一日中家の中で仕事をしていた。ある時”一緒に散歩に行くか”と誘われた。もう60は過ぎていたと思うがその早足には驚かされた。今にして思えばあれが健康を保つ手段だったのだ。二人で一升瓶を開けて翌日こちらが二日酔いでも叔父は仕事をしていた。気力、精神力も強かったのだろう、90を過ぎるまで元気だったが先年亡くなった。
 やはり体力の衰えは気力の衰えに結びつき老化を早めると思う。後30年を元気に生きるためにもう一度体力作りからである。月曜は久しぶりに晴れ間が見えたのでつれあいを誘い散歩にでた。あまりに良い日だったので1時間位歩いただろうか。翌日から身体の痛みを嘆く連れ合いを残して私は歩く。先健主義なのだから・・・・・
[PR]
by kakabura | 2005-02-18 22:34 | ぶらだより

今週の結果

今週に入って大型株と新興小型株の動きが逆転した。今までは小型株が動いていたのが新興小型株は完全に調整入り反対に日経平均は反転した。その為日経平均は0.9%の上昇に対し-3.7%と最低の結果となった。下げたもう一つの要因として売り時の間違いがある。決算発表が続いているが減益の発表で売ったのが出尽くしから反転した銘柄が続いた。一方好決算にも係わらず下げる銘柄もあり決算がどの程度株価に織り込まれているかの判断が出来ていないところに問題がある。目線が近すぎるのかもしれない。投資方法を一度見直す必要がある。
来週は動かないで投資方法の見直しを行い調整終了を待って再度挑戦しよう。
[PR]
by kakabura | 2005-02-18 21:39 | 投資日記

雪解け

先の雨でようやく雪が解けた。久しぶりに畑を見に行く。一面、土が顔を出しており又畑の季節が始まる。大根は太くなったが地上の部分は傷んでいるのが多い、何故か地表との境界部分が傷むみたいだ。他の所を見るとしっかりと土寄せをしてるところもありやはり直接雪に触れると弱い処から駄目になるのだろう。来年からは早めに埋める事にしよう。その他のタマネギやホウレンソウもなんだか弱々しく育ちが悪い。雑草はやはりしっかりと育っている。
 人影がない所を見ると仕事を始めるのはまだ先みたいだ。
[PR]
by kakabura | 2005-02-18 21:27 | 家庭菜園

夢を見た

会社にいた頃は試験の夢を良く見た。決して良い物ではない。そして体育の授業の夢、必ず靴とか何かがなくてオタオタしている。目が覚めて腹が立つ、何で今更学校だ。最近試験の夢にはとんとご無沙汰。昨日は中学校の同窓会の夢、何故か関係のない大学時代の奴が出てきたりしたが目覚めた後は何か心地よい感じ。優しさに~包まれて~
 久しぶりに晴れたので二人で散歩。ウン今日は良い日だ
[PR]
by kakabura | 2005-02-14 13:59 | 生活

NHK・朝日問題

NHKと朝日新聞が喧嘩をやっている。門外漢には今ひとつわからないのだが最近のNHKスキャンダルに朝日が悪乗りして得意の捏造(?)をやらかしてしまったというところか。
朝日新聞についてはもう言うべき事もない。昔から正義の味方の仮面をかぶりながら自身への批判は許さないし自己批判もしない。そういえばコラムは「天声人語」だった。この辺で立場をはっきり左傾新聞を名乗れば良い。そうすれば論争もスッキリするだろう。なまじっか天の声の大樹に隠れるからいつまで経っても体質が変わらないのだろう。久しぶりに朝日新聞を眺めていたらNHKプロデューサーの不正問題を取り上げた記事でやたらNHKの文字が強調してある。開いた口が塞がらない。
 一方NHKに問題はないのだろうか。ニュースを見ていると悪いのは朝日でNHKには何の問題もないと繰り返している。夕方七時のNHKニュースは公共放送の公正中立なものでその日の動きを教えてくれるものと認識している貴重な30分だ。その中でこの問題を長々と取り上げる、どこか変ではないか。NHKの反論の場所ではない。公共の時間をそういうことに費やすところにNHKの問題が浮かんでいるような気がする。特に最近相撲の高見盛、卓球の愛ちゃん、ゴルフの藍ちゃん、そしてテニスのシャラポワと人気を煽動しているみたいだ。シャラポワに到っては浅越の活躍や又ジャンプの船木の久々に復活を伝えずにそのミーハー振りを流し続けた。これらは公共という観念からの逸脱としか思えない。迎合化が進んでいるのだろう。今回の朝日の問題も本質は政治介入があったかどうかではなくNHKが政治家に迎合する体質になってしまっているということなのだろう。TOPが毅然としていなければ社員に不正が出てくるのは当然だろう。続々と出てくるNHKの不祥事だがこれを機会に出しきって欲しい。そうすれば再生の道筋が見えてくるだろう。そしてその時にNHKは必要なのかということも
追記:この後ラグビーの生中継騒動があった。一旦中止と決定したのが又ひっくり返って放送を決定した。事の発端は審判に朝日の宣伝があり事前の了解がなかったとするものだがクレームの多さに慌てて協会側の謝罪という形を取って納めたようだが全く馬鹿馬鹿しい限りだ。
[PR]
by kakabura | 2005-02-12 12:03 | 社会経済




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧