<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今週の結果

今週も方向感が出てこないでもたついたが大きく崩れない所を見るとこのまま行く可能性が強そうだ。日経平均は+1.2%これに対して-1%とプラス転換してこない。しかしソトーの下げによるものが2%なので実際のトレードでは戻ってきたようだ。ソトーは3月までには戻るので保持。
3335:-2.6%
8571:+13.2%
5815:-1.5%
4503:-1.9%
9427:-0.4%
2664:-1%
1616:+0.9%
業績発表買いも比較的順調だがロスカットの設定がまだうまく行かない。もう少し低くしたいところだが。
[PR]
by kakabura | 2005-10-29 13:50 | 投資日記

最後はKKD

半年位前はライブドアが日テレの買収劇を演じて株価が急落、少し前にやっと処分できたと思ったら今度は楽天がやってくれました。お陰で暴落し売るに売れなくなってしまいました。こういうのが突然起きるから恐いです。
 さてKKDですが日本人は3文字が好きみたいです、NTT,PTA,TBS,FBC・・・・。これが2文字だと落ち着かないUN、au,・・・。4文字だと抵抗感が出てくるKDDI、OECD近寄りがたい感じ。
 以前会社勤めをしていた時の事、化学プラントを建てる時は必ず子会社のエンジニアリング会社と仕事をしました。色々な問題が出てきて
”それは計算上おかしいんじゃないですか”と言ったら笑いながら”うちはKKDでやってるんでね” ”KKDってのは何です?” ”カンとケイケンとドキョウだよ”と、やや自嘲めいて言われました。若い頃は馬鹿にしていたが後になって気がつけば最後はKKDなのだ。計算だけならコンピューターがやってくれる、しかし実際に進めるかどうかは勘と経験が必要だし最後の決断は度胸がなければできない。秀才は度胸がないので評論家で留まる事が多い。
 少し前に書いたが株式投資の勉強をしている。だんだんと会社での仕事に似てきた。マニュアル作りの必要性だ、会社ではもっぱら作る側で実際の操作はオペレーターの人達だった。今は自分の為のマニュアルが必要になってきた。この場合にはこうして、こうなった時にはというようにする事を決めて後は忠実に従う。そしておかしいところがあればマニュアルを直す。
 投資の世界に感情を持ち込んだら負ける、徹底的に機械的にやらなければいけない。それが出来ないので9割が負ける世界。機械的にやる為にはマニュアルが必要、マニュアルを作るには基礎的な勉強が必要。そして最後はKKD!!これだ。
 会社での経験は無駄ではなかった、というか先祖帰りをしているのかもしれない。しかしそうだとしても其処が戻る所なのだろう、徹底的な成果主義、自己責任を問われる。しかし嫌な事はしなくても良いし自分のペースでやれば良い。個人経営の良いところ。
 もうすぐ団塊の世代の定年を迎えるが彼らがそれぞれのKKDをどのように活かしていくのかで日本も大きく変わるだろう。
[PR]
by kakabura | 2005-10-28 22:12 | ぶらだより

業績発表時の投資法法その2

好材料は買われ悪材料は売られる。しかし下げてきた銘柄は出尽くしで上昇に転じる事が多い。昨日もそのような銘柄が多かった。ということでカワチ薬品で挑戦したが1%のロスとなった。持ち堪えていればプラスに転じたが仕方がない。昨日は強気市場だったが今日は弱気だった。弱気の時に買う馬鹿は少ない。
教訓
1.地合の悪い時には手を出さない
2.寄り付きではなく下げ止まりを待つ事
[PR]
by kakabura | 2005-10-28 17:57 | 投資日記

業績発表時の投資方法

業績発表で大きく株価が動く。事前予測するより出た後の投資方法を考えている。上方修正では必ずギャップを開けて寄り付く。その後の動きは様々、高く寄り付く場合には下がる場合が多い。2%位のギャップでその後上げていくパターンが一番良い。昨日は13%になった。今日はひとつは1.9%のロスだがもうひとつは窓開けの陽線なのでもう少し上げるだろう。今日ののロスも寄り付き以後の動きが思わしくなかったので早めにロスカットしてしまえば良い。
出来高も重要で寄り付きが大きすぎるとその後の買いエネルギーが細ってしまう。当面は2%位の指値で寄り付き後の動きが悪いのは即売り。1%以上下げずに9時半を越すのはホールドで考える。
もう少し判れば逆に売りも考えられるだろう。
今のところの条件は
1.上昇に転じて3日目以内
2.信用取り組みの良いもの
[PR]
by kakabura | 2005-10-27 19:16 | 投資日記

今週の結果

NYが下落基調を強め日経平均も足踏みを続けている-1.6%。これに併せてロスカットが続き-1%とマイナスが続いている。8月の終わりから成績が悪化している。これほどの上昇を経験していないので懐疑色の中で迷いながら動きを追いかけた結果だろう。ある程度処分は終わったので残りは保有継続として次ぎの上昇場面での売却とする。あと1週間位調整と見てそのあとの上昇に期待しよう。目標利益は大分下回ってしまった。
1961:-0.1%
7999:+1.1%
7757:-2%
4208:-1.8%
4042:-1.8%
1865:+2.9%
4797:+8.1%
8036:+0.5%
1913:3.3%
高値圏にあるので上昇が続かない、上げてもすぐに利益確定で下げてしまうようだ。今は大きく利益を狙ってはいけないようだ。3~4%の感じでさらに上がると思っているとロスに繋がる。参加者が皆迷っているので大きな動きにならないのだろう。ケンミレ手法は今は全く合わない。
[PR]
by kakabura | 2005-10-22 06:12 | 投資日記

なめくじ

最近朝になると後ろのエゴノキで雀がが遊んでいる、今年産まれたやつだろうか。後ろの家のテレビアンテナには百舌鳥が来るようになった。台所の窓から良く見える、生き物はなんて生き生きとしているのだろうか。
 しかし、なめくじというのはあまり気持ちの良い物ではない。通った後はヌメヌメしたものが残りなんとも嫌な感じだ。我が家の庭にこいつが出没してまる2年は格闘している。最初の頃は夜懐中電灯で照らしながら1匹ずつ割りばしでつかんでペットボトルに入れていた。見せしめの刑だったがそのうち中でドロドロになってこっちが気持ち悪くなってやめた。その後は見つけたらカマで即退治。
 しかしナメクジを始末するのは簡単ではない。というのは危険を感じると丸くなって身体を膨らませる、こうすると身体のヌメリでなかなか潰れない。だからここでは一呼吸おいて敵がゆっくりと頭を伸ばして動き出すのを見はからって頭の所をチョンとやると簡単に始末できる。ところでナメクジは自分の頭を守るためにマントみたいなのを持っている。試しにちょっと刺激するとそのマントを開く事がある。これを最初に見た時には吃驚した。恐らく知っている人は少ないだろう。
 探す手間を省くにはジャガイモやビールを置いておくと其処に集まってくる。昼は植木鉢の底のようなところで休んでいて夕方から活動を始める。湿っぽいのが好きな割には水は嫌いなようだ。大雨の時には家の壁に非難してくる。試しに池にいれてみたら溺死してしまった。
 とまあ色々とお付き合いしたが最後はナメクジ退治の薬剤に頼ることになる。これは良く効きますね。先日畑で特別大きなのを見つけた、大発見のつもりでカミサンを呼んだ。”凄いだろこれ” ”子供がいるんじゃないの” ”エーッ”と言うわけで解体新書をやったら案の状、中には沢山の卵があった。やはり母親は詳しい、しかしあれがそのまま産まれてくると考えるとゾーっトする。春頃は茶色だったのが秋口から黒っぽい色になっているような気がする。付き合いたくないのに妙に一緒になる人間てのがいるものだがなめくじもそのようだ。早く全滅させたいのにしぶとく生き残って私を悩ます。来年は徹底的に薬を撒いてやる、最終決戦の時だ。
[PR]
by kakabura | 2005-10-21 22:25 | ぶらだより

今週の結果

先週は週末にかけて大きく下げ調整入りかと思ったが下げ渋り+1.5%となった。このまま日柄調整なのかもしれない。投資結果は-1.9%と再びマイナスとなった。
8206:-1.2%
7522:+0.4%
5706:-0.3%
9793:-0.8%
6203:-2.9%
5541:-2.7%
4756:-3.1%
4644:-5.2%
惨憺たる結果である。おまけにロスカットに失敗して塩漬けを1銘柄作ってしまった。従来のケンミレ手法からオーソドックスな清住手法の出現に加えてBSS法の試用とトレード手法に迷いが出ている結果だろう。週末のNYが反転した事から来週は底堅い展開が予想されるので新たなポジションは作らずに投資手法作りに専念しよう。
ケンミレのコンサルティングソフトを使って見たら問題点がはっきりしてきた。
1.売買回数が多すぎる
2.ロスカットの設定が出来ていなかった
結局銘柄の検討が不十分なまま売買していたため平均利益率が低くさらに損失率が高かった。利益は売買回数で取っていたようだ。これから見る限りもっとゆっくりしても十分に目標は達成できるようだ。
[PR]
by kakabura | 2005-10-14 23:06 | 投資日記

落ちこぼれ技術屋の野菜工場

畑を借りて1年余り経ったが生き物の世界は分からない事ばかり。何と言っても人生の大半は生物と無縁の世界で生きてきた。化学工場を建てる事だけをやってきた。技術の世界には一定の決まり事がある、物質収支(業界用語でマテバラ)つまり元素単位では無くなる事はなく組み合わせが変わる。これが化学反応、それに必要なエネルギー収支では不足分を補給しなくてはならない。物質保存の法則、エネルギー保存則である。
 畑を始めて肥料、堆肥、土壌これらが何を意味しているのか分からなかった。雑草はせっせと刈り取る、しかしそんな事は必要ないとも書いてある。最近ようやく解りかけてきた気がしている。畑は野菜工場なのだ、以前同じタイトルで人工的な野菜工場の事を書いたが自然の工場なのだ。そこでは同じように物質やエネルギーが保存される(目には見えないが)。良い工場では太陽のエネルギーを受けてその分が新しい物質に転換する、だからそれをもらえば良い。そのためには土壌が大事だ、地表数10cmが大事でここに各種微生物やミミズなどが生態系を作っていれば自然に作物は育つ。昔古代文明は洪水による肥沃な土壌が産んだと歴史で聞いた。砂漠は不毛の大地と言われる。同じ大地でもこの違いは表面に生態系があるかどうかの違いである。土壌流出が環境問題として騒がれる訳だ。
 さて近くの畑を見ると雑草の生えていない所に同じ野菜だけが育っている。これが近代農法で人間に必要な作物を作る事しか考えていない不自然な世界である。その不自然さを維持する為に各種肥料や農薬が必要となっている。エネルギー収支はマイナスである。そして取れすぎて食べられずに捨てられる。もったいない事この上ない。
c0037696_0263566.jpg
 我が家の目指す野菜工場は違うものだ。雑草も太陽のエネルギーを取り入れた貴重な資源として野菜工場の中へ循環させる。殆どを太陽エネルギーにゆだね工場から取り出す作物の分だけを工場に追加する。せっかく作った工場を壊す”耕す”なんて事はしない。ひたすら良い工場作りを目指すのだ。工場のコンセプトが決まり今は工場作りである。週に1~2回弁当をもってカミサンと出かける。一人でやっていた時は徹底的にいい加減だったがカミサンのお陰できっちりとした畝ができつつある。一方で種まきをしながら将来計画にそって畝作り。お腹がすいたら椅子に座ってお弁当。”ピクニックですか”と声をかけられる。この季節は真に気持ちが良い。
c0037696_0284516.jpg

 株式でのデータ解析と野菜工場つくり、会社を辞めて4年。落ちこぼれ技術屋はやっぱり元の世界に戻ってきてしまったようだ。懸念材料が無い事も無い。化学工場では適切な管理をするのに計器を用いる。しかし自然の世界では数字はない、色とか様子とかで判断するみたいだがこの辺は全くカミサンに歯が立たない。TBSではないが業務提携から乗っ取られるような嫌な予感が・・・・・
 
[PR]
by kakabura | 2005-10-14 22:51 | ぶらだより

朝倉遺跡

3連休だし良い天気なので朝倉遺跡を久しぶりに訪れた。20年振り位だろうか。当時はただの遺跡だっただ復元にも力を入れて武家屋敷などが出来つつある。復元した町を歩き当時の様子に思いを馳せる。明智光秀が此処に来たのだなあ・・・・・
そのあと朝倉氏の邸宅跡などを散策広場のベンチで休息、ねっころがって空を見る。青い空、白い雲、心地よい風。ここにも至福のひとときがある。
しかし冷静に考えると此処は細い谷間にあり守るには良いが大きく発展させる場所ではない。明智を追い返し天下取りの織田信長に滅ぼされたのも止む無しか。越前人の限界なのかも
知れない。しかし織田氏は織田町から出たというのだが性格的に合わなかったのかな。
昼に駐車場の店で蕎麦を食べたが、出来るまでに張られているポスターを見て回った。その中で福井のPRが面白かった。曰く、長寿日本で2位、世帯の貯蓄額1位、社長の数1位などへえーこんなに良い所なのか福井は。そう言えば最近は発表を止めたが暮らし安さでは常に福井は日本1だった。試しに調べて見た、あるわあるわ日本一。
数字で表されるのは1位でも性格は良くないぞー。サッカーくじの購入が日本一なんてのがせこい性格を如実に示している。
自分の事だけでなく日本、世界のことを考えろ越前人よ


ここが日本一 こんな理由で日本一
クリーンエネルギー
生産 福井県内には、1970年に営業運転を開始した日本原子力発電(株)敦賀1号機など15基(認可出力1,173万kw)の原子力発電所が立地しています。その総発電力量は約868億kw(2002年)時で、県内の年間消費電力量の約12倍、関西圏で使われる電気の約6割にあたります。
眼鏡枠生産 全国の眼鏡枠の生産額の97.2%を占めます。また、サングラス、老眼鏡の生産額も全国の約6割を占めます。セル枠から軽くて丈夫なチタン枠、さらには竹など。さまざまな素材から世界最高水準の技術による眼鏡が生み出されています。
繊維王国・福井 絹織物に始まり、合繊・新合繊、さらには未来に向けた新素材まで、繊維総合産地として、福井の繊維は歩み続けており、多くの製品が日本一のシェアを誇っています。
ポリエステル織物
(合繊長繊)生産 ポリエステル織物(合繊長繊)出荷額(加工費含む)日本一です。
細幅織物生産 リボン・織マーク・畳べりなど織り上げ幅が13cm未満の織物の出荷額は日本一です。
リボン生産 リボンの生産は、シェア95%で日本一です。
ベルベット生産 ベルベットの生産は、シェア100%です。
羽二重生産 羽二重の生産は、日本一です。
トレーニングウェア
生産 トレーニングウェアの生産は、日本一です。
編レース生産 編レースの生産は、シェア60%で日本一です。
織ネーム生産 全国シェア70%以上を誇る織ネームの産地です。
ゆかた帯生産 全国シェア80%以上を誇るゆかた帯の産地です。
面ファスナー生産 全国でシェア70%以上の生産を誇る面ファスナーの産地です。
(マジックテープ(株))
手漉き和紙生産 全国の手漉き和紙の生産額の24.6%を占めます。越前和紙は、約1500年もの歴史があり、明治時代には、お札にも使われ、また、日本画の大家にも好んで使われているなど、多様なものに使われています。和紙の種類の多さ、生産量、共に日本一。
手漉き和紙の大きさ
世界一 『平成大紙』 「平成大紙」は縦4.3m、横7.1mで手漉き和紙としては世界最大でギネスブックにも登録されています。
プラスチック
異形押出製品生産 全国のプラスチック異形押出製品の生産額の21.9%を占めます。異形押出成形技術により多種多様なプラスチック製品を作り出します。
界面活性剤生産 全国の界面活性剤の生産額の19.6%を占めます。
塗箸の生産 日本の塗箸の80%以上のシェアを誇る、箸の産地です。
ハープの生産 「青山ハープ」は国内唯一のハープ製造会社です。同社はホールを使って市民向けのハープコンサートを定期的に開催。これまでに国内はもとより、海外の著名なハ―ピストを招聘するなど質の高い演奏会により集客は県内にとどまらず、県外からも多数のハープファンが訪れています。また、近年はハープをより身近なものに感じてもらおうと、松岡町の文化団体「まつおか文化実験室」との共催で誰でも気軽に参加できる「せせらぎコンサート」を定期的にサロン風に開催しています。現在同社はグランドハープを年間200数十台、アイリッシュハープを600台ほど生産し、欧州に10社ほどを数える主用メーカーに伍して、後発にもかかわらず世界2位のシェアを持つに至りました。
(青山ハープ(株))
ストレッチテープ等
縫製副資材の生産 スポーツ衣料や女性ファンデーションなどに使うストレッチテープなどの縫製副資材生産は日本一のシェアです。
(新道繊維工業(株))
医療用プラスチック製
収納器の生産 プラスチック製医療用キャビネットやカートなど、医療用収納生産は、シェア60%で日本一です。
(サカセ化学工業(株))
カーブミラーの生産 カーブミラーの生産は、シェア40%で日本一です。
(海道工業(株))
充電式電池の正極材料
の生産 充電式電池(ニッケル・水素)の正極材料の生産は、シェア70%で日本一です。
((株)田中化学研究所)
水中ポンプ用
フロートスイッチの生産 水中ポンプ用フロートスイッチの生産は、シェア70%で日本一です。
(倉茂電工(株))
鋲(微小ピン)の生産 微小ピン(軸径2mm以下)の生産は、シェア60%で日本一です。
(福井鋲螺(株))
超高速マシニングセンタ
の生産 高速切削加工などの超高速マシニングセンタの生産は、シェア日本一です。
((株)松浦機械製作所)
タイヤ全自動交換機
の生産 タイヤ全自動交換機の生産は、シェア100%です。
(小野谷機工(株))
経編機械の生産 レースラッセル機やトリコット機など、経編機械の生産は、シェア100%です。
(日本マイヤー(株))
包餡機の生産 和菓子等を作る包餡機の生産は、シェア100%です。
((株)コバード)
ウレタンフォーム裁断機
の生産 ウレタンフォーム裁断機の生産は、シェア50%で日本一です。
(日東産業(株))
シースルーシャッター
の生産 シースルーシャッターの生産は、シェア35%で日本一です。
(東工シャッター(株))
建設機械高圧用
配管継ぎ手の生産 建設機械高圧用配管継ぎ手の生産は、シェア40%で日本一です。
((株)日本エーエムシー)
トルクコンバータの生産 トルクコンバータの生産は、シェア20%で日本一です。
(アイシン・エイ・ダブリュ工業(株))
パソコン用建築専用
3D CADの生産 パソコンによる建築専用3D CADは、シェア60%で日本一です。
(福井コンピュータ(株))
総合スポーツクラブ
管理システムの生産 総合スポーツクラブ管理システムは、シェア20%で日本一です。
((株)ネスティ)
透かし証券紙の生産 マーク入り(透かし)証券紙生産は、シェア70%で日本一です。
中学校木工教材の生産 中学校の技術科木工教材の生産は、シェア30%で日本一です。
((株)シャトル)
警察紋章の生産 警察紋章の生産は、シェア日本一です。
((株)広部硬器)
社名印刷カレンダー
の生産 社名印刷カレンダーでは、シェア10%で日本一です。
((株)にしばた)
プラスチック鏡面の生産 プラスチック鏡面の生産は、シェア70%で日本一です。
(日本真空化学(株))
結納飾り・正月飾り 越前和紙で作った水引細工を使った結納飾り、正月飾りは全国の6割が作られています。
(西谷物産(株))
兼業農家率 福井の農家は、他に仕事を持ちながら農業を営んでいる割合が93.6%と日本一高い。このため、皆で力を合わせながら、農業・農村づくり、いわゆる集落農業に取組んでいる地域が多く、結果として美しい農村風景が守られています。
オウレンの生産量 大野市上打波地区のスギ林内の林床で、栽培されている薬草のオウレンは、根茎が健胃薬として利用されており、福井県はその生産量が1.1トン(H14)で日本一です。(H14全国の生産量は1.9トン)
小粒大麦の生産 全国作付面積の約1/4を占める日本一の産地です。水田において集団で栽培されています。主に、主食用(麦ごはん)に利用され、その品質は高い評価を得ています。
水稲の湛水直播栽培 稲作の省力・低コスト化を図るため、直播栽培の取組みが増加しています。このうち、全国で増加している「湛水直播栽培」(湛水した状態で播種する方法)の面積は、日本一です。低コストで、おいしい福井米づくりに努めています。
おぼろ昆布の生産量 厳寒の北海道で育った昆布を江戸中期より「北前船」と呼ばれる交易船によって日本海を廻り、敦賀へと運ばれてきました。その昆布を酢につけて、柔らかくし職人の手がきによる技法で作られたのが「おぼろ昆布」で、全国85%のシェアを占めます。
水仙栽培面積 「越前水仙」の産地は、日本水仙三大群生地のひとつである越前海岸です。12月から2月にかけて、日本海の寒風に耐えながら広大な斜面に咲き誇る清楚な姿とただよう薫りは、「越前がに」とともに福井県の冬の風物詩になっています。
花蓮の生産 全国シェア60%を誇る花蓮の産地です。
集落営農組織の大きさ 平成12年度に旧村単位8集落を受益範囲として設立しました。
平成14年度集積面積は200haです。
玉子どうふの生産 玉子どうふの生産は、シェア15%で日本一です。
(ふじや食品(株))
恐竜化石出土量 北陸一帯に分布する手取層群は化石の宝庫で、勝山市の恐竜化石出土量は日本一です。
世界最大規模
パットゴルフ場
『芝政ワールド』 芝政ワールドのパットゴルフ場は、ギネスブック認定の広さ。浮き輪ウォータースライダーは世界最長、最大落差。日本海側最大の波のでるプールがあり、ビッグスケールな遊びの国を体験できます。
コスモスの本数
『コスモス広苑』 7500万本から1億本のコスモスが植えられています。その規模は、およそ17ha、東京ドームの10個分です。毎年、9月下旬にこのコスモス広苑で、「福井コスモスまつり」が行われています。
桜並木の長さ
『足羽川堤防』 足羽川に沿っておよそ2.2kmにわたり、桜並木が植樹されています。桜の名所百選に選ばれ、日本一とも言われております。毎年、桜満開の春には、春祭りの会場となり、県内外から20万人の観客が訪れています。
青銅座像の高さ
『越前大仏』 清大寺の越前大仏は高さが17mもあり、お堂の中にある青銅座像の中では、奈良の大仏をしのぎ、日本一です。
五重の塔の高さ 清大寺の五重の塔は、高さ75mで、京都の東寺よりも高く、日本一です。
天守閣の高さ
『勝山城博物館』 勝山城博物館の天守閣の高さは57.8mであり、日本一です。
新国民生活指標 1992年~1999年まで経済企画庁が発表していた新国民生活指標で、5年連続日本一。
県民のくらし意識満足度 「くらしと環境に関する世論調査」で、福井県民は、くらし意識の満足度が日本一。
全都市住みよさ
ランキング (株)東洋経済新報社が全国の都市(673都市)を対象に実施した「住みよさランキング」で、福井市が総合一位。
出身地別社長数
ランキング 人口10万人当たりの出身地別社長数は福井県が22年連続首位。
サッカーくじ「toto」購入 サッカーくじ「toto」の本県一人当たり平均購入額が、スタート年の2001年から3年連続日本一。
共働き率 総務省国勢調査(平成12年度)で、福井県の共働き率は60.5%で日本一。福井県の県民性は、「働き者」で「芯が強く頑張りや」です。
女性の労働力人口比率 労働力人口(女性)/15歳以上の女性の人口は、54%で日本一。福井の女性は日本一の働き者です。
女性の月間平均
実労働時間数 女性の月間平均実労働時間は、178時間で日本一。福井の女性は日本一の働き者です。
女性の未婚率
(30~49歳) 女性の未婚者割合は、30~34歳(17.6%)、35~39歳(7.8%)、40~44歳(4.4%)、45~49歳(3.0%)であり、日本一低い。
借家住宅の延べ面積 借家住宅の延べ面積は、1住宅当たり55.9m2で、日本一です。
貯蓄現在高 1世帯当たりの貯蓄現在高は、19,639千円で、日本一です。
自動車所有数量 千世帯当たりの自動車所有数量は、2,048台で、日本一です。
生命保険現在高 1世帯当たりの生命保険現在高は5,757千円で、日本一です。
大学新規卒業者の
無業者率 大学新規卒業者の無業者率は、6.1%で、日本一低い。
年間救急出場件数 人口千人当たりの年間救急出場件数は22.3件で、日本一低い。
火災死傷者数 火災死傷者数は、10万人当たり年間3.98人、建物火災100件当たり17.5人で日本一低い。
小学校長期欠席児童数 小学校で年度間30日以上の長期欠席児童数は、405人で日本一少ない。
病気による
小学校長期欠席児童数 小学校で年度間30日以上の病気による長期欠席児童数は、155人で日本一少ない。
食品営業施設処分件数 食品営業施設処分件数は年10件で、日本一少ない。
粗暴犯認知件数 粗暴犯認知件数は年164件で、日本一少ない。
風俗犯認知件数 風俗犯認知件数は年37件で、日本一少ない。
知的障害者援護施設数 人口100万人当たりの知的障害者援護施設数は、48.3ヵ所で日本一です。
身体障害者
更正援護施設従事者数 人口10万人当たりの身体障害者更正援護施設の従事者数は、52.6人で日本一です。
身体障害者
更正援護施設定員数 人口10万人当たりの身体障害者更正援護施設の定員数は、121.4人で日本一です。
身体障害者
更正援護施設在所者数 人口10万人当たりの身体障害者更正援護施設の在所者数は、120.9人で日本一です。
世界一大きい絵本 子供の読書意欲の向上と和紙職人の励みになるように、縦3.1m、横2.2mの絵本を作成しました。
[PR]
by kakabura | 2005-10-10 06:55 | 生活

今週の結果

今週は大きく動いた。強気派と弱気派のせめぎあいと言う事で日経平均は最高値を更新したが後半に急落の展開。結局-2.6%となった。これに対して今週に入ってBSS銘柄での買いを入れたが殆どが急落場面でロスカットとなった。しかし先週の反動といくつかの銘柄の利益により3週間振りに+2%となった。しかしベンチマークの日経平均を下回っている。
3404:+3%清住銘柄BLA売り その後急落OK
8703:+49%利益確定売り但しIPO銘柄なので実力ではない 下落OK但し金曜にCCLで反発フォロー忘れ
4838:+11%利益確定売り その後下落OK
4759:+3.9%清住銘柄BLA売り その後下落OK
6988:+0.2%急落でのBLA売り
6423:-3.6%急落でのBLA売り
7626:-3.8%急落でのロスカット
2722:+0.3%急落でのロスカット
2301:-2.1%急落でのBLA売り
3711:-2.3%急落でのロスカット
3553:-3.1%急落でのロスカット
3716:+9.5%利益確定売り
4739:+0.7%清住銘柄BLA売り
1789:-5.7%急落でのロスカット
7860:+0.3%
今週はBSS法の試用を行ったが急落でのロスカット以外にも問題がある事がわかった。来週の動きも予断を許さないがポジション整理は略終了しているので修正BSS法の試用を続ける。
[PR]
by kakabura | 2005-10-08 05:56 | 投資日記




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧