<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日の結果

NYは小高くCMEも高いので高く寄り付くと思っていたら意外にも安く寄り付いた。以前にもこのような時があったが思い込みをなくすことが出来ずに失敗したことがある。今日も何処で反転するかというように見ていた。冷静に見ると売りの日なのに。金が上昇ということで住友鉱山を買ってしまった、予定外。こういうのは殆ど失敗に終わる、やはり下げたが底を抜ける可能性は低いと見て年越しすることとした。
ソニーと光通信は予定通り利益確定。
増田足を使ったトレードは概ねうまく行くようだ。デイトレはまだ慣れていない、訓練が必要。今年のトレードはこれで終了、厳しい年になったがどうすれば良いかは大体分かってきた。去年作ったマニュアルは上昇相場でのものでその時の相場によって戦術を変えていく必要がある。大きな流れは増田足で分かるのでこれに忠実に出来るように休み中に再度見直しをしなければいけない。
[PR]
by kakabura | 2007-12-27 21:56 | 投資日記

今日の結果

先物が高いので買いから入るかと思っていたが思いのほか上値が重かった。昨日オーバーナイトしたミクシイはプラス圏で推移したので一安心。午後から外出したので買値の少し上にLPをおいたらそこで約定していた。終値はさらに上昇明日も上げると思われるので少し残念。しかし場を見ていて我慢できたかどうかは分からない。それよりも修練離れの絶好の買いチャンスがあったのを見逃していた。基本的にポジション管理しか頭の中に無かったのでこういう見落としが出てくる。
ソニーは目標レベルに達しているので明日レジスタンスを抜かないなら確定。光通信も同様。東芝テックは売り長でありチャートの形も良いことから崩れない限り年を越すことにしよう。
[PR]
by kakabura | 2007-12-26 18:34 | 投資日記

今日の結果

週末のNYが大幅に上昇したことから予想通り高寄りした。こういうときの買いは難しい。ソニーは予定価格に近かったので成り行きで買い順調に上げた。光通信、東芝テックは寄り天から下げてきた所を買った。一応買値を上回って終わったが東芝テックはまだチャートの形が悪い。
予定外でミクシイを買ったが修練上離れのつもりが下げてしまった。MACDが下降中なのが問題だった。ロスカットを考えたが日足は上昇なので一日オーバーナイトしてみることとした。年末ラリーと見て木曜にポジションを閉じるシナリオ継続。
[PR]
by kakabura | 2007-12-25 21:36 | 投資日記

メリークリスマス そして ハッピーニューイヤー

今年も残るところあと一週間となりぶらだよりは今年最後になります。
雨の合間を縫って畑を掘り返しています(ちなみにもう誰もいません)そんな中今日は蛙が飛び出してきました。せっかくの冬眠を起こしてしまったようでまことに申し訳ない。今年は畑仕事も中途半端になってあまり良い出来にはならなかった。去年よく出来た玉葱や聖護院大根も育たない。種まきの時期が遅れたこともあるがやはり手をぬいたためだろう。
どうも世界も個人的にも良い年ではなかった、いやとんでもない年だったというべきだろう。今年を象徴する漢字は「偽」だそうで逆に言うと信用できないと言うことになる。日本は信頼を基盤にして成り立ってきたはずなのにいつの間にかここまで落ちてきた。政治に対する信頼はとうになくねじれ国会を作ってしまった。これでは長期を見据えた政策などは出来ないだろう。官僚の不正も続きエリートの面影は完全に無くなってしまった。優秀な人間は辞めていくそうだ。日本を支えた政官財の鉄のトライアングルは跡形もなくなった。
 まあ膿が出ると言うのは良いことで出し切ってしまえば後は少しずつ直していけばよい。そう思えば来年は再スタートの年ということで新たな期待も出てくる。個人的にも駄目なところが沢山出てきた。反省するところは多い。しかし希望という旗は高く掲げている。
 ジョンレノンの歌を流したい

Merry X'mas and Happy New Year

それでは皆さん良いお年をお迎えください。1年間のお付き合い有難うございました。
[PR]
by kakabura | 2007-12-21 22:34 | ぶらだより

今日の結果

NY高くCMEも高かったのでいつものように買い先行かと思ったら逆に売りが強かった。しかし寄り付き後30分で15000円を割ることが出来ず勝負が付いた。この後は一気に上昇に転じて前場で15200円の壁を破った。
午後一時もみあって12000円を割る時がありいつものように売りの勢いが付けばと思い空売りをしたがやはりそれほどの勢いは無いためすぐにポジションを閉じた。
 昨日大目にポジションを取ったので買いを入れる気は無かったが振り返ってみれば何度もポジションを取るチャンスがあった一日だった。
 読みとしては来週はショートカバーの上昇で年末を迎えるというシナリオどおりになってきた。
[PR]
by kakabura | 2007-12-21 18:40 | 投資日記

今日の結果

NYのCMEが高かったので寄り付きは高くなっても一巡後は分からないためルールどおり昨日取ったポジションは一旦外した。
10時過ぎにパターンBの買いサインで指値したが約定しないで上昇してしまった。この二日のパターンで午後上げた後は売りが入っている。今日も上昇したので売りの準備までしたがクリックできなかった。株価はやはり急落した。今日のパターンは15100から15200のボックス相場を作っていると見て下で買った。しかし予想外に売り圧力が強くレンジを割って終えた。
 やはり15000円が強烈に意識されている。これを割ろうという売り方と守ろうという買い方の勝負になっている。明日15000円がキープできれば売り方の買戻しで年末に向けて上昇というシナリオは崩していない。
[PR]
by kakabura | 2007-12-20 17:40 | 投資日記

今日の結果

昨日の予想通りアメリカは反発した。CMEの先物も高くしめしめと思っていたが寄りつきは意外に安くさらに先物が乱高下する展開になった。それでも上昇トレンドを作ったのでさらに2枚買い。後場寄りつき買い気配から急騰、しかし昨日同様急激な売りしかけにより急落した。LPは当初から上げていなかったのでロスとなった。
ストキャスでは底なので15135で3枚買い。年末への上昇期待。
昨日今日と後場に急騰下後一気に下げている。典型的な仕掛けだろう。売る前に上げておく。これがファンドの常識。上がったと喜んで脇が甘くなったところを一気に売りたたきしこたま儲ける戦術。急騰した時はLPをきつめにして直ぐに売りポジションに変えることを考える必要がある。冷静にチャートを見ればMACD,MAで足跡が分かる。上がることばかり考えているからこのサインを見逃す。常に買いの目と売りの目の両方で見ていないとチャンスを逃す。まだトレンドを冷静に見れていないようだ。
 どうも15000割れを狙っているようだこの真理的な節目を割るとさらに下げる守りきるとショートカバーで自然に上昇するはずだ。
[PR]
by kakabura | 2007-12-19 17:20 | 投資日記

先物

昨日のNYの大幅下げで売り先行は昨日と同様、ただ午後の下げはこの分を織り込んでいることも考えられるので売り一巡後の方向が重要と見ていた。10時過ぎにパターンBの買いになったが下値で指値したが上がってしまった。15150がレジスタンスだったので15155で買いLPを15140においたら引っかかってしまった。
 午後は昨日と逆に強烈な買い気配で始まったので成り行きで買った。しかし1時前に強力な売りが出て持ち合いに入ってしまった。本来はオーバーナイトするべきではないがパターンDを示して明日は上昇の確率が高いと判断して明日まで持ち越す。
 先物は3本足のLPと7ティック35円上昇したら買値+10円にLPを上げること。
 昨日のNYの大幅下落に対して陽線で切り返したこと、NYも下げが続いているのでこの辺で一旦反発に入る予想?
[PR]
by kakabura | 2007-12-18 17:44 | 投資日記

先物

予想通り売り先行、パターンAは危険なので様子をみる。10時過ぎに10本が横ばいになりパターンBの買いの形になってきた。株価が10本を抜いたので買うところだが20本の下降が気になって躊躇したら一気に上がりエントリーを逃す。前引けの段階では反転のパターンになっていた。
 後場寄り付きから強烈な売りが入った。ここでも手が出せないので様子を見る午前と同様のパターンになった。MACDもGCし株価も乗ったので買い。しかし今回は少しもみあった後急激に下落した。
 日足のトレンドは下降なので売りで見たほうが自然な一日だった。
今日の反省としては
・MACDの方向が確定しているなら迷わずに仕掛ける
・仕掛けた後は3本の下にストップを入れる
・パターンBは逆に動くとパターンCになる
プレーヤーが少ないので先物の動きが現物を引っ張っている。商戦三井などは先物の動きに合わせればよさそうだ。
明日も基本的には下落と見ておいたほうが良さそうだがストキャスが買い転換しそうなので大きく下げれば転換するかもしれない。
[PR]
by kakabura | 2007-12-17 17:59 | 投資日記

これからどうなる

今週はサブプライム関連で相変わらず振り回された。週足では大きく下落した。各種イベント通過も反転にポイントにはならなかった。週末のNYも大きく下げており少なくとも来週前半は期待できない。
イギリス:戻り歩調でありまだ崩れていない
ドイツ:7月をピークとしたアセンディングトライアングルの上限に来ている。ボックスにはいるのか、上に抜けるのかが焦点
ダウ:7月高値を抜いたがヘッドアンドショルダーを作りつつあり下げ止まるかどうか
ナスダック:3月からの上昇トレンドラインはキープしている。
S&P:ボックスレンジを作っている。
為替:113円に入った。場合によっては円高トレンドが崩れる可能性も出てきた。

ここの所の動きで不可解なのがドルと日経平均の関係ずっと連動してきたのがこの3日逆に動いている。つまり円安にもかかわらず株安という構図。一過性のものなのかそれとも何かがが変わってきたのか。週末の動きなので週明けには日本企業の円買いで戻るのかもしれない。
対ユーロ、ポンドに対しては動いていない反面資源国通過に対しては高くなっている。これがリスク資金の引き上げを意味するなら問題は根深い。

年末になり参加者も少なくなってくるので先物での動きで値動きの荒い展開になるのかもしれない。来週は新規ポジションは取らずに先物でのトレードに専念。
[PR]
by kakabura | 2007-12-15 10:43 | 投資日記




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧