<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

FOMC,機械受注

昨晩は注目のFOMC,先立ってNYは売り込まれたいたのが戻して下髭をつけた。しかし先読みはブルーになりここからの上値追いは苦しくなったようだ。
今朝の機械受注は予想より悪かった。これを受けてCMEよりも低くギャップダウンして始まる。11時の中国GDPも悪そうなので今日は下振れを警戒して寄りつきでP9000を11円で買い戻すがさすがに15分ほど戻したところでは前日変わらずの7円まであった。少し早すぎた、その後大きく売り込まれ一気に150円ほど下げて9300円まで今日の予想レンジー1σが9320円なので目一杯まで、しかしその後は戻りも見せず膠着して前場は終わる。中国待ちのようだ。発表された結果は予想より悪いこれをどう捕らえるか。
もみ合いが続いてきたが今日の動きは下へ行きそうな気分が強くなってきた。午後が更に下げるなら当分下げと見てよいだろう。戻すならもみ合い継続か。

後場は方向感が出ず、9300を中心に狭いレンジとなった。海外の動き待ち、P9000を14円で再度ポジションを持つ。明日孕むならOKだし更に下押すならLC。
大引け前に安値更新したので予定変更して13円でクローズした。イブニングでは更に下げて9140まで。円高進み85円を抜ける。

後場の動きを考えていたが最近は前場での動きが多い。早く売りの目で見なければいけなかったが、PUTのクローズしか頭が回らなかった。しかしP9000ホールドしていればロスとなりLCできなかったかもしれないので最悪は免れた。
[PR]
by kakabura | 2010-08-11 11:20 | 投資日記

アメリカ雇用統計

アメリカ雇用統計の発表が今晩9時半、そのためか様子見気分強くマーケットは狭いレンジの動き。為替はやや円高に動き週末の手仕舞い売りで下を予想していたがギャップダウンの後はもみ合いに入ってしまった。アメリカは景気減速懸念、ヨーロッパは持ちこたえたか、日本も企業決算は良い。このため円高で上値は抑えられつつ下値も堅いというレンジ相場から抜けられない。材料が無ければ今日はこのまま終わるかもしれない。
 今週は気力が無く昨日やっとC1025,P950のポジションを取った。早めに取れば良い値段だったがいつもなら乗り換えるレベル5円で40枚。先月はSQはノーポジ、今月も危ういところ、レンジながら抜けた時は大きく動くそれが怖くてポジションを取れない。
 雇用統計の結果で新しいポジションを作ることが出来るか?今月からイブニングセッションが11時半まで延びたので今後の戦術になる。こうしている間にIRレンジを上にブレーク予想は外れたようだ。

雇用統計は予想より悪化。発表直前フライングで一瞬上に行った後猛烈に下げた。この展開は予想していなかったので入りそびれた。先物は100円以上下げた。逆の場合にP9000を売りポジしか考えてなかった。一応逆のときはC10000売りと思ってはいたが何処まで下げるか判らないので入り時を逸した。
下げは10時2分で底を売った。
動きを確認したら直ぐにC売りのポジションを作る、下げとまりを見てP売りのポジションを作ればよい。

結局多少戻したところでP9000を15円で、読みは100円近く下げているので月曜下げてもここからは大きくないだろう、更に2日のTDがあるのでよほど大きく下げなければ持ちこたえられるだろうということ。

NYはかなり戻して終わった、来週のFOMC期待でNYは上げたがっている。

ADP雇用統計は悪く、失業保険件数は良くてどちらが本当というところだったがADPだった。雇用統計は出るまで判らない。雇用統計でレンジからの方向が決まるというような論調が多かったがそうでもないようだ。一時的に反応するがトレンドとしては上に行きたがっているのでこのきっかけを待っているようだ。
[PR]
by kakabura | 2010-08-06 10:42 | 投資日記




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧