<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

逆転の発想

これまでどうしたら勝つかということを考えてきた。反対にどうしたら負けるかを考えてみるのも良いかもしれない。

負けるのは簡単。トレンドに逆らったポジションを持つ、高く買って安く売る。これだけのことだが実際にそうしている。多い負けパターンはここを抜けたら上がるから先に買う、しかし抜けずに下がってしまう。又抜けたから買うとそれが高値で直ぐに下がってしまうことが多い。
そんな時にトレンドを見直してみるとそれに逆らっている、必ずそうなのだ。

これらは全てトレンドが見えていない証拠だし、その後の動きを勝手読みしているせいだ。長期足にトレンドがあるならば中期足の押し目を狙えばよくそのタイミングは短期足で掴める。

長期足にトレンドが無いときは中期足のレンジトレードとしてこれも短期足でタイミングが取れる。

最後は自分の判断したトレンドを信じきれるかどうかだ。あと良くやるのは「今は動きようが無いから様子見」と決め付けているとせっかく出てきたトレンドを見逃してしまうことも良くやることだ。「値動きが荒く入るようなマーケットではない」と考えているといつの間にか整ってきてトレンドが出来ている、そんな時も多い。早い話が気を抜いてはいけないということに尽きる。
[PR]
by kakabura | 2011-07-31 17:27 | 投資日記

NY債務問題予断許さず

日本もそうだがアメリカも債務問題のタイムリミットが迫ってきてどうなるかわからなくなっている。その思惑でマーケットはランダムウォークの様相を強めている。特に日本の株式市場は最近全くわからなくなっている。先物も出来高が減っているためかチャートが汚く全くトレードできない。オプションのヘッジに使うだけだが結局ロスになり困ったものだ。それに比べてNY先物のチャートはきれいで参加者の厚みを感じさせる。NY先物をやればよいのだが為替変動のリスクが心配で様子を見ている。新聞で近々取り扱いを始めるとあったのでそれまで待とうかとも思う。

来週が勝負どころになるか
[PR]
by kakabura | 2011-07-29 13:25 | 投資日記

大型台風接近

大型の台風が接近中四国辺りでは被害も出ている。ノロノロなので被害が拡大、どうも今年はろくなことが無い。なでしこがワールドカップを制したことくらいがグッドニュースか。

為替も急騰急落を演じている。NYの住宅着工が良かったので急騰したと思ったらおつりが出るくらい暴落、ソースはわからないがEUサミットでのコメントでも出たのだろうか?こんなジェットコースターにはついていけず、但しチャートポイントを抜けて大きく動くのは変わらないようだ。

FXで大きなポジションを取れるまではオプションで給料稼ぎをすることにした。ストラドルに先物のヘッジを組み合わせればリスクとらずに行けそうなので今日ポジションを増やした。慣れてくればもう少し増やしてもよさそうだが今月はこれで行こう。
[PR]
by kakabura | 2011-07-19 22:02 | 生活

為替介入?

一昨日からひさしぶりにオプションのポジションを持った、10000円のコールとプットを売り先物でヘッジする方法。今は10000円より下でソブリンリスクもあるので先物は売りでヘッジしている。このヘッジが問題で安いところで売ったのでマイナス評価になっている。8月のSQで9300円から10200円の間にあれば利益になる。予想レンジは1シグマで9500円から10400円なので問題ない水準なのだがほっておく事が出来ない。と言うことで先物のヘッジ分をデイトレに使おうと考えたがFXとの両方にらみで中々うまくいかない。

そんな中で2時半すぎに突然暴騰した、あたふたしたが結局為替介入ではなくアメリカの銀行筋のドル買いだったようだが冷や冷やものだ。

まだ慣れないがオプションのポジションを持てるくらいには戻ってきているのか?

FXはデイトレなのでいつでも止められるがオプションは気を抜くことが出来ない、その為にヘッジするのだがそのヘッジにドタバタしているのである。今となればもみ合いに入った段階なのでヘッジをする必要は無かったのだが所詮後の祭り、デイトレで行う方法も昨日のチャートで考えた方法だが今日はうまく出来ず結局5円しか稼げなかった。おまけに暴騰の影響でますますやりにくくなった。困ったものだ。

FXとトレード手法を変えているのが原因のようだ。為替と株価は微妙に関連しているのでこの辺をうまくクリアーしないと駄目だなあ。

どちらも理屈で言えば完璧なのだが・・・・
[PR]
by kakabura | 2011-07-14 16:54 | 生活

原発問題

昨日は猛暑日となり福井も35度を越えた。少し暑さを感じてきたのでエアコンをつけると室内は33度だった。やはり体感温度が少し麻痺しているようだ。そうするとエアコンに頼らざるを得ない。

夜のNHKで原発についての討論をやっていた。反対派賛成派やはり話はかみ合わないのはいつものとおり。反対派の主張は理解できる、危険で将来にわたり不安を抱えていかなければならない原発にさようならしたい。全くそうだ、出来るものならそうしたい。

そこで反対派が出てきて原発がなければ電気代が上がり産業の空洞化は避けられず日本の将来は無くなってしまう。それでも良いのですか?

ここで思考停止状態に陥ってしまう。

地球の中に日本と言う国だけがあるのなら原発は無くなっても問題はない。少し不便になったりするだけだからだ。そしてそれは全員が同じ環境にあるからだ。

ややこしいのは、他に多くの国があり日本はそれらの国と手をとったり競争したりしていかなくてはならないこと。

文明の没落というのがよく言われた。最初はヨーロッパの衰退だったりイギリスの没落だった。80年代になるとアメリカの衰退が叫ばれ次は日本の世紀と数年言われてあえなく沈没した。

3.11の震災は大きな転換点になると感じた。これまで眠っていた日本人が何をしなければいけないのか目覚める契機になるはずだった。ボランティアや各地の首長など日本人としての力を感じさせた。これは変わるかもしれない・・・

ところが政治が潰してしまった。何もかも天災に人災が加わった。その中での原発問題、強いリーダーシップがない日本では原発のような巨大なものにはかかわるべきではないのだろう。もっと小さな単位で取り組める分散型のシステムで個々の努力が明日を生むという形が向いているようだ。戦艦大和など巨大なものを作って失敗しているのだ。小さくして成功してきたのが日本なのだ、このDNAは変わらないだろう。

してみると原発問題は電力の自由化を進めることで電源の多様化を進めオイルショックに対応したように個々人の知恵と努力にまかせても良いのではないだろうか。
[PR]
by kakabura | 2011-07-10 09:42 | 生活

マンネリズム

昔からマンネリズムというのが大嫌いだった。先例とか決まりごととかそういったことにとらわれるのは嫌だ。
ところが、加藤英俊の「隠居学」というのを読んで考えが変わった。

そもそもマンネリズムはマナーに従うと言う意味で決められたことを忠実に行うことだそうだ。歌舞伎などの伝統などはきっちりと受け継いでいくことで様式美が保たれている。そういわれればなるほどとうなずける。決まったことをきちんと行うことで毎日が無事に過ぎていく。こんなよい生活はないのではないか。

新しいことをするのは楽しいが不確実さが伴いそれにより精神的な負担も大きい。マンネリズムで落ち着いた生活ができるのならば余程よい。

そう考えて一日のすることを決めた。毎日決まったことを同じようにやる。これを続けるのも修行のうちか。

処で隠居学というのは昔のご隠居さんのように何事も知っておかなくてはいけない。ひとつの事柄からその後ろにある様々なことを連想してひとつの話にしなくてはいけないのだが、まあこれは大変だ。責任を持たなくてもよいというのが味噌なのだがこれを理解してくれる人は少ないか。
[PR]
by kakabura | 2011-07-07 21:12 | 読書

梅雨に入って夏日が続くという変な気候が続いたが、突然大雨が降ってきた。久しぶりだなあ、太陽光のファンを取り替えたのにこれでは全然働かない。まあ仕方ないか。

今日はさっぱりさえない一日。動きが悪いので午後からの雨に備えて刈り取った草を始末に出ている間に動いてしまいせっかくのチャンスを不意にする。その後は難しいところで入って3連敗、どうもいかん。負け癖がついている。この雨で一緒に流していってくれ。

雨が降ると又雑草が息を吹き返したように大きく伸びてくるだろう。又それを取って・・・の繰り返し。

連日暑い毎日なのだが不思議に暑さを感じない。カミサンは暑いといって団扇を扇いでいるのだがこちらはちっとも暑くない。自律神経がおかしいのかもしれない、等と考えてみるのだが、どうも着ているものが違う。こちらは夏の半そでのパジャマだがカミサンは冬とあまり変わらない長袖のものを着ている。素っ裸でいるとどうなのか確かめてみるほかはない。

雷の音が遠のいた、雨も小降りになってきた。
[PR]
by kakabura | 2011-07-04 14:15 | 生活




2羽のアゲハは何をしているのでしょう。
by kakabura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧